【水道局指定工事店】鹿児島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 風呂釜交換のタイミングとメリットを解説

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

風呂釜交換のタイミングとメリットを解説

2022年07月27日 お風呂

風呂釜は、10年ほどで故障などにより交換が必要となるケースがあります。
しかし、場合によっては修理で済むこともあるため、修理と交換のどちらが適切か判断できるようにすると、ムダにコストをかけなくて済みます。


今回は、風呂釜を交換するタイミングの見極め方やメリット、交換にかかるコストなどをわかりやすく解説します。


最近風呂釜の調子が悪いと感じている人は、この記事を参考に交換を検討してください。


風呂釜を交換するタイミングの見極め方


風呂釜を交換するタイミングは、どのような状態になったときでしょうか?


完全に風呂釜が使えなくなった状態のほかにも、交換を検討する見極め方がいくつかあります。


お湯が沸かせなくなった
お湯が沸かせなくなった場合や、沸かせても温度が低くぬるい状態のときは、風呂釜の電気系統の故障が考えられます。また、部品の劣化によってお湯が沸かせなくなることも原因のひとつです。


お湯の温度がおかしいと感じてきたら、交換するタイミングだと考えておきましょう。


異臭がする
焦げた臭いやガス臭さを感じたら、不完全燃焼やガス漏れをおこしている場合があります。


風呂釜や使用されている部品の劣化により、故障していることが考えられます。ガス漏れや不完全燃焼の状態も、人体にとって非常に危険です。


風呂釜から異臭がすると感じたら、窓を開け換気を行いましょう。不完全燃焼をおこしていると一酸化炭素中毒を招きます。危険ですので、異臭がしたら交換を検討してみましょう。


種火がつかない
温度センサーや着火装置の故障により、種火がつかないことがあります。


こちらも交換を検討するタイミングになります。無理に種火をつけようとした場合、風呂釜内部にガスが溜まり充満します。


この状態で着火すると、破裂や変形する場合があり危険です。種火がつかない場合は、無理に着火させようとせず専門業者へ相談してください。着火装置などを修理しても、種火がつかないときは、風呂釜を交換するタイミングになります。


着火時に爆発音がする
着火時に爆発音がする場合、着火用の熱交換器が故障していることが考えられます。「ボン」という爆発音は、風呂釜の内側に溜まったガスに引火して、小爆発がおこっているためです。


小爆発したまま使用し続けると、ガスが溜まり風呂釜が破裂する場合もあります。着火時に爆発音がしたら、放置せず専門業者へ連絡してください。風呂釜はガスを使用しているため大きなトラブルになる前に、買い替えを検討しましょう。


風呂釜を交換すると得られるメリット


新しい風呂釜に交換すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか?新品の風呂釜に交換した場合のメリットをご紹介していきます。


製品価格が安い
風呂釜の最大のメリットは、製品価格の安さです。ほかの給湯システムを導入するより製品本体の価格が安く、経済性に優れています。工事費などを考慮しても、風呂釜導入にかかるコストが抑えられることが、風呂釜導入を検討するメリットです。


ガス代の節約
長年使用している場合や故障した風呂釜を使い続けている場合、熱効率が悪くなります。風呂釜を新しいものに交換すると熱効率が上がり、ガス代の節約にもつながるのです。


安全性が高まる
不具合を起こしている風呂釜を使用し続けると、一酸化炭素中毒などの危険が伴います。
交換することで安全性が高まり、安心して使用できるようになります。


風呂釜それぞれの特徴を解説


風呂釜にはいくつかの種類があることをご存じでしょうか?風呂釜は、大きくわけて5つの種類に分類されています。ここからは、種類ごとの特徴について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。


BF式の風呂釜
BF式の風呂釜とは、バランス式風呂釜のことを指します。


屋外の空気を使いガスを燃焼させて温めるタイプの風呂釜です。排気は屋外に排出されるため、室内には排気がこもらない特徴があります。そのため一酸化炭素中毒のリスクはほとんどありません。


電気を使わずに使用できるため停電時にも利用可能ですが、浴槽の横に本体を設置しなくてはなりません。そのため浴室のスペースがほかの風呂釜タイプより狭くなってしまうデメリットがあります。


FF式の風呂釜
FF式の風呂釜は、送風機を使うタイプです。FF式もBF式と同様に、排気は屋外へ排出されます。本体は屋内に設置され、屋外に排出する排気筒が短いことが特徴です。雨風の影響を受けにくいこともメリットのひとつになります。


またFF式は、送風機で排気を排出させるため、BF式より確実に排気させることが可能です。一酸化炭素中毒などの不安もなく、安全面でも安心して使用できます。高齢者の方やお子さんがいる家庭でも、安心して使用できるタイプです。


RF式の風呂釜
RF式の風呂釜は、屋外設置型のタイプになります。屋外に設置した本体から給排気を行うため、排気筒が不要であることが特徴です。屋外設置のため、浴槽内のスペースが広くとれることがメリットといえるでしょう。


メーカーによっては、浴槽から離れた場所に設置することができる機器も販売されています。昔ながらの外焚きタイプですが、邪魔にならないスペースへ設置したい方にはおすすめのタイプです。


FE式の風呂釜
FE式の風呂釜は、強制排気式のタイプです。室内の空気を使用して燃焼させて、その排気を屋外にだしていきます。屋内の空気を給気して燃焼に使用するため、必ず換気口を取り付ける必要があります。


そのため、浴室内への設置はできませんが、設置フリータイプのものは場所を選ばず、浴槽と離れた場所でも設置が可能です。排気は送風機を利用して、強制的に屋外に排気させるタイプになります。


CF式の風呂釜
CF式の風呂釜は、自然排気式の風呂釜を指します。給湯器が浴室内や屋内に設置されているタイプです。屋内の空気を給気して燃焼に使用するため、換気口の設置も必須になります。排気は排気筒を通して屋外へ排出されるタイプです。


機器の直上にバフラーと呼ばれる少し膨らんだ煙突があるのが特徴です。またCF式の風呂釜には、送風機がなく自然に排気させるため、強風の日には排気が逆流して室内に入り込むという弱点もあります。


風呂釜の交換費用と期間はどのくらい?


風呂釜の交換にかかる費用と期間は気になる部分ですよね。
風呂釜のタイプや大きさによって多少の違いはありますが、交換費用の目安は10万〜20万円が相場です。


また交換工事にかかる期間は、業者によってスケジュールの違いはあるものの、依頼してから1日から1週間を目安に考えておきましょう。工事当日にかかる時間は、およそ2時間から6時間程度で完了します。


風呂釜交換のポイント


風呂釜を交換する際のポイントとして知っておきたいことは「自力での交換はできない」ということです。風呂釜の交換には専門資格が必要になります。


知識がない人が交換すると事故につながる恐れがあるため、専門業者へ必ず依頼してください。


また、業者選びも重要なポイントになります。実績がある業者や依頼してから交換までの工事が早い業者もおすすめです。現在使用しているタイプから違うタイプへの交換を希望したとき、見積もりや説明をしっかりしてくれる業者も信頼できます。


まとめ


風呂釜を交換するタイミングの見極め方や、交換する際のメリットを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?風呂釜の交換するタイミングを見極めておかないと、危険な事故につながる場合もあります。


風呂釜の異変を感じたら、使用し続けずに専門業者へ相談してみましょう。また種類別で風呂釜の特徴を確認して、自分にあった風呂釜を交換することもおすすめです。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315