【水道局指定工事店】鹿児島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » シャワーヘッドの適切な交換タイミングと費用相場

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーヘッドの適切な交換タイミングと費用相場

2022年06月28日 お風呂

シャワーヘッドの交換を考えたことはありますか?シャワーヘッドは簡単に取り換えることができます。シャワーヘッドが壊れてしまった場合だけではなく、機能性の高いシャワーヘッドに取り換えたいというときもありますよね。


最新のシャワーヘッドはあらゆる機能が備わり、節水ができるものや肌・髪にやさしいものが豊富です。本記事では、シャワーヘッドの適切な交換時期や交換方法、最新シャワーヘッドの価格と業者に依頼すべきかどうかを詳しく解説します。


シャワーヘッドの適切な交換時期


シャワーヘッドの交換はヘッドが故障したときや、機能性の高いシャワーヘッドに変えたいと思ったときに検討する方が多いと思います。


機能性の高いヘッドに交換する場合はいつでもよいですが、故障してから慌てて交換するよりも故障する前にタイミングを見計らって交換できたら慌てることもなく、新しいヘッドを充分吟味して決められますよね。シャワーヘッドを交換する時期の目安はいつ頃なのでしょうか。


シャワーヘッドの交換目安は約5年で、寿命は約8~10年です。シャワーヘッドを使い始めて5年以上経つ場合はシャワーヘッドの交換を検討しましょう。こまめにシャワーヘッドをホースから取り外して掃除をする方は少ないのではないでしょうか。


そのような環境だと、約5年で目に見える劣化が始まります。シャワーには水垢や石鹸カス、皮脂汚れも付きやすいです。あらゆる汚れが蓄積され、詰まりやカビの発生などが原因であらゆるトラブルが起こります。


とくにシャワーとホースのつなぎ目から水が漏れていたり、ヘッドにひびが入っていたり、カビや水垢がひどくこびりついてしまっている場合は新しいものに交換しましょう。


定期的にメンテナンスを行うことで、シャワーヘッドの寿命を延ばすことはできますが、手間暇をかけるよりも約5年で新しいものに交換してしまう方が賢明です。シャワーヘッドの機能も年々進化し、古いシャワーヘッドを使い続けるよりも節水効果があるなどトータル的に費用を抑えられる場合もあります。


シャワーヘッドの交換方法


シャワーヘッドを交換する際は、事前にメーカーを確認しましょう。メーカー名はシャワーヘッドの下部に記載されていることが多いです。メーカー名が「KVK」「MYM」「ガスター」の場合は付属のアダプターが必要です。シャワーヘッドの交換は簡単に行うことができます。手順は次の通りです。


1. 既存のシャワーヘッドを回して外す
2. 新しいシャワーヘッドを回して取り付ける


この2ステップで完了してしまいます。シャワーヘッドを取り付け、外す場合はホース側のパーツを回しましょう。シャワーホース側のパーツは金属製、ヘッド側のパーツは樹脂製であることが多いです。金属に対してやわらかい樹脂製のヘッドを無理にねじ込むとネジ山がつぶれてしまうなどして水が漏れてしまうこともあります。


長く使用しているシャワーヘッドは、水分中のカルシウムなどで素手では外せないほど固まってしまっている場合があります。その場合は金具の部分の水分を拭き取り、滑りにくくして挑戦してみてください。ゴム手袋を使用しても、滑らず外しやすいです。それでも外れない場合はホースごと交換しましょう。


最新シャワーヘッド、価格はどれくらい?


最新のシャワーヘッドはリーズナブルなものから、高機能で高額なものまでさまざまです。最新のシャワーヘッドの機能は次のようなものがあります。


・マイクロバブル・ウルトラファインバブル
・塩素除去・浄水
・節水性能
・水流切り替え


マイクロバブルやウルトラファインバルブは、通常よりも超微細な気泡を含んだ水が出る機能です。細かい気泡は毛穴やシワなどの細かい部分まで入り込み、しっかり汚れを洗浄してくれるのでとても人気です。また、入浴後の身体の保温性も確認されていて美容効果もあります。


塩素除去・浄水機能は、その名の通り塩素を除去してくれる機能です。塩素は水道水の消毒として用いられていますが、肌や髪への刺激も気になります。塩素除去・浄水除去は、専用のカートリッジを付けることで昨日を発揮します。カートリッジは交換が必要なのでランニングコストがかかります。


節水性能のあるシャワーヘッドは、水道代の大幅な節水が可能となります。手元に止水ボタンが付いているタイプは、お湯の出しっぱなしを防げます。


水流切り替え機能は、好みによって水の出方を調整可能です。肌が弱い方は弱めの水流、頭皮や肩・腰などにマッサージ的に使用したい場合は強めのジェット水流がおすすめです。


これらすべての機能が備わった高機能のシャワーヘッドは約4万円、塩素除去以外が備わったシャワーヘッドは約3万円です。ウルトラファインバブルと節水機能が備わったものは約15000円など、機能によって金額もさまざまです。価格だけではなく、自身が求める機能が備わっているかを確認して自分に合ったシャワーヘッドを見つけましょう。


どのシャワーヘッドにするか決めきれない場合は、レンタルサービスを使用するという手もあります。月額料金を支払って気になるシャワーヘッドを試すことができます。気に入れば、そのまま購入することも可能です。


シャワーヘッドの交換は業者に依頼すべき?


シャワーヘッドの交換は簡単なので自力で行うことができます。しかし、シャワーヘッドを交換するタイミングで浴室の設備に異常がないか、つまりや水漏れのチェックを行ってもらいたいなら業者に依頼するのがおすすめです。


業者に依頼した場合の費用は、シャワーヘッド本体の価格に加えて基本料金がかかります。基本料金の相場は約8,000~1万1000円です。またつまりや水漏れのチェックに別途費用、新たなトラブルが発覚した際にその箇所の修繕費用がかかってきます。


シャワーヘッドだけの交換であれば自身で取り付けた方が費用は抑えられますが、シャワーヘッド以外にも気になる点がある場合は業者に依頼して検査も合わせてお願いしましょう。


また、水漏れが原因でシャワーヘッドを新しいものに取り換えたけれど、水が止まらない場合はシャワーヘッド以外に原因が隠れている可能性が高いです。水漏れの原因を自力で突き止めることができなければ、業者に依頼して見てもらいましょう。


水が漏れる原因はシャワーヘッドの他に水栓でのトラブル、パーツの劣化、配管内のつまりなどさまざまです。水栓の故障や配管内のつまりが原因だった場合は、自力での対処は困難です。無理矢理修理や交換をしようとせず、業者に依頼しましょう。


自力で対処しようとしてパーツを紛失したり、破損してしまえば二次災害が発生してしまい、余計に費用がかさんでしまいます。


まとめ


ここまで、シャワーヘッドの適切な交換時期や交換方法、最新シャワーヘッドの価格と業者に依頼すべきかどうかを詳しく解説してきました。シャワーヘッドの交換は簡単なので、自力で行うことができます。


費用もシャワーヘッド本体の料金だけで済むのでおすすめです。最新のシャワーヘッドは節水やマイクロバブルなどあらゆる機能が備わっていて、とても便利です。


しかしシャワーヘッドの交換以外にも気になる点がある場合は、業者に依頼してすべて点検してもらうのもひとつの手です。シャワーヘッドを交換して快適なシャワーライフを送りましょう。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315