【水道局指定工事店】鹿児島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » マンションのお風呂をリフォームするには?

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

マンションのお風呂をリフォームするには?

2022年09月09日 お風呂


マンションのお風呂は、その大きさや機能面において一戸建の家に劣るため、長く使用しているとリフォームを検討したい箇所が出てくる可能性があります。しかし、マンションのリフォームは、自分の好きなように自由にリフォームできるのか心配な部分はありますよね。


また、マンションにおけるリフォームの費用や工期に関しても気になる人は多くいます。では、実際にマンションのお風呂のリフォームには、どのような方法があるのでしょうか?


そこで今回は、マンションのお風呂のリフォームについて解説します。


マンションのお風呂を広くすることはできる?


マンションのお風呂は、最初からそのサイズが決められているため、広く拡張できるのか気になる点ではあります。マンションのお風呂は、ユニットバスを始め、多くの形状のお風呂があるため、状況に応じてリフォームが可能です。


ユニットバスのある家庭では、ユニットバスを交換するだけで浴室を広くすることができます。築年数がある程度経過しているマンションのユニットバスは、当時の規格が少なかったことから、浴室のサイズにぴったり合うモデルが少なかったケースがあります。


そのため、空間に対してユニットバスのサイズを調整することで、面積はそのままに広く見せるレイアウトにできます。


これ以外にも、配管の位置を調整するリフォーム方法や壁の位置をずらす方法があるので、同時に検討してみるのがおすすめです。


浴槽は、大きくすることで浴室を広く見せられるため、マンションの構造によって大掛かりなリフォームが難しい場合でも安心です。その際、壁と既存の浴槽とのスペースを確認しておきましょう。


浴室が比較的狭い場合は、ハーフユニットバスというタイル張りの在来工法を活かしたリフォームがおすすめです。


このハーフユニットバスは、床や洗い場、浴槽がセットになっており、全て1セットで設計から構成されています。


ユニットバスのサイズや形状と空間の広さや高さが不釣り合いな場合、このハーフユニットバスによるリフォームが効果的です。


マンションのお風呂をリフォームするときの費用相場


マンションのお風呂をリフォームするときの費用相場は、リフォームする際に必ず押さえておきたい部分になります。マンションのお風呂におけるリフォームの費用相場は、約50万円から100万円であり、サイズや施工内容によって費用が変動します。


マンションのユニットバスは規格が定められているため、同じ商品であっても、サイズアップするごとに約1万円から2万円費用が上がっていきます。


また、材質をグレードアップさせて丈夫なものにリフォームする際も、オプションによって追加することがほとんどであり、主にベーシッククラスからミドルクラス、トップクラスまで3段階によって費用が変動します。


ベーシッククラスでは約30万円から、ミドルクラスでは約50万円から、トップクラスでは約80万円からリフォームできます。この費用に上乗せで工事費が20万円程追加されるので、よく費用の内訳を確認してリフォームするのが大切です。


ベーシッククラスのリフォームでは、最低限必要な機能を搭載した、見た目もシンプルな施工ができます。浴室をキレイにしたいものの、これまでの使い勝手は損ないたくないひとにおすすめのリフォームです。


ミドルクラスのリフォームでは、浴槽の材質や標準装備のグレードが上がり、快適な入浴環境が手に入ります。断熱や床暖房を取り付けるリフォームも、このクラスで施工できる場合がほとんどです。


トップクラスのリフォームでは、窓を断熱素材や防音素材にすることや浴室乾燥機など、一般の浴室にはないような付加価値をつけられます。子供が将来的に住み続ける際には、充実した施工を意識することで、満足度の高いリフォームが実現できます。


お風呂のリフォームの際のオプションを追加する際には、オプションごとにかかる費用についても押さえておきましょう。


マンションのお風呂のリフォームには、様々な魅力的なオプションがありますが、バリアフリーとして手すりや段差を調整する場合は、約2万円でリフォームできます。


スピーカー付きのテレビや換気暖房乾燥機を取り付ける場合は、約5万円から10万円でリフォームできます。さらに、ジェットバスやミストサウナなどの大掛かりな施工が必要なオプションは、約20万円から30万円と考えておきましょう。


マンションのお風呂のリフォーム費用を安くする方法


マンションのお風呂のリフォーム費用は、工夫次第で安くできます。どんな内容のリフォームでも、決して安い金額ではないので、できる範囲でなるべく安く抑えられるようにしましょう。


ここでは、マンションのお風呂のリフォーム費用を安くするいくつかの方法について解説します。


複数の業者から見積もりを取る
お風呂のリフォームにおいて、最も大切なことの一つである見積もりを複数の業者に取ってもらうようにしましょう。


リフォーム業者によって同じ施工内容でも費用やサービスに差が生じることがあります。そのため、初めから1つの業者に絞ってリフォームを依頼すると、結果的に高くついたなんてことになりかねません。


事前に複数の業者から見積もりを取ることで、大まかな費用相場や内訳を確認でき、依頼する際の参考にできるため、必ずやっておきたい方法になります。


水回りを得意とする業者を選ぶ
水回りを専門に扱う業者に依頼することで、費用を安くできる可能性があります。施工内容は同じものの、水回りに強い業者であれば、材料などの仕入れ値を安く抑えられて、リフォーム費用も安くなるケースがあります。


業者選びに迷っている際には、水回りに強い業者かも選択基準に入れることで、業者選びの参考にできます。


マンションのリフォーム実績がある業者を選ぶ
業者を選ぶ際、マンションのリフォーム実績が豊富な業者を選ぶことも大切です。一戸建てにおけるリフォームが一般的ですが、マンションの一室という限られた空間で、ユニットバスなどの特殊な施工を得意としていれば、その後のクオリティも保証されます。


また、マンションのリフォームに特化している業者は、資材の搬入やマンションのお風呂場に最適な部品のサイズなども熟知しているため、手際の良い作業によって工期を短くすることが可能です。


マンションのお風呂をリフォームする際に注意したいポイント


マンションのお風呂をリフォームする際に注意したいポイントを押さえておくことで、損のない満足のいくリフォームができます。


まず、低価格でリフォームを提供している業者は、その費用と技術力が見合っているかという点に注意しなければいけません。費用を抑えられるのは嬉しい点ですが、その代わりにクオリティが下がってしまっては意味がありません。


事前に施工実例を写真で確認することを忘れずに、安心して任せられる業者を選びましょう。


リフォームのアフター保証についてもチェックしておきましょう。特に壁や床の張り替えは、すぐにめくれて剥がれてしまうことや色落ちしてしまう可能性が考えられます。


その際に、明確なアフター保証付きでリフォームできれば、トラブルが発生した場合でも安心です。無償で適用される範囲についても同時に確認しておきましょう。


まとめ


この記事では、マンションのお風呂のリフォームについて解説しました。


マンションのお風呂におけるリフォームは、居住人数や今後住み続ける年数を考慮して行うことが大切です。


居住人数が複数人いる場合は、必ずリフォームしたい項目を共有して、全員が納得のいく形でリフォームを依頼することを忘れずにしましょう。


生活を快適にするためのお風呂のリフォームですが、業者選びに失敗してしまうと、費用面においても仕上がり面においても結果的に損をしてしまいます。


信頼できるリフォーム業者を見つけられるように、時間をかけて慎重に選べるように心がけましょう。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315