【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » トイレの詰まりが発生したときは冷静に対応を

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの詰まりが発生したときは冷静に対応を

2021年01月21日 トイレのトラブル
かごしま水道職人3

トイレの詰まりは特に深刻な問題です

水回りの設備全般のなかでも、トイレの詰まりは特に厄介です。
洗面所が詰まってもキッチンで代用することが可能ですが、トイレの場合はそうはいきません。
トイレの使用ができなくなれば、近くの公園やコンビニのトイレを借りるなどの面倒が発生してきます。
トイレ詰まりのトラブルを発生させないためには、予防する意識を持つことが重要です。

まずトイレットペーパーは適量を流すこと、そして水量も適量にすることです。
過剰にペーパーを流すと、流れなくなるリスクが高くなります。
またペーパーの使用量は普通であっても、流すときの水量が少ない場合も注意してください。
その場では問題なく流れても、何度も節水を意識した流し方をしていると、将来的に詰まる確率が高くなります。
あとはトイレを使用するたびにしっかりと流すことが重要です。
2~3回の使用してから流すなど、水道代を節約する工夫をしたことが原因で詰まり、予想外の出費に見舞われることは少なくありません。

トイレの寿命はどうやって見極める?

便器が割れているならば、交換するべきタイミングであることは容易に予測できます。
一方で便器に問題がなくても、修理・交換をしたほうがいい場合があります。
それは設備が古くなってきた場合で、具体的には詰まりや水漏れが頻発するようになったケースです。
修理をしてもすぐに故障するようであれば、買い替えしたほうが安くつくことが少なくありません。

最新トイレは節水機能が付いているので、家計を抑えるうえでも役立つでしょう。
内部部品の破損状況などは、目視で確認することはできませんが、詰まりや水漏れ・異音などが発生してきたらトラブルが起きている可能性があります。
トイレの寿命は15年程度とされますが、5年くらいは前後することがあると考えてください。

初期の詰まりほど解消は楽です

排水口の見えるところに詰まりの原因物質があるならば、それを引き出せば解消します。
ゴム手袋を着用して直接引き出す、または薬品を投入するなどの方法があります。
ペーパー類を溶かすためにクリーナーを使用するなら、トイレ専用品を選びましょう。
洗面所やキッチン用ですと、十分なパワーを発揮できない可能性が。
詰まりが排水路まで進んでしまうと、解消の難易度は高くなってきます。
それでもトイレットペーパーならば時間とともに溶けますが、ティッシュペーパーだと完全に詰まる可能性があります。

水に流せるトイレ用品やペット用品に関しても、完全に溶けるわけではない点に留意してください。
いずれにしてもトイレットペーパー以外は流さないほうがいいのは間違いありません。

時間を置いても解消できない詰まりとは?

固形物を流してしまった場合は、基本的に時間を置いても解消はしないです。
排水路に引っかかっている固形物が何かのタイミングで流れてくれればよいですが、ずっと流れずに留まるケースもあります。
プラスチックの子ども用おもちゃ、芳香剤のキャップなどは溶けません。

一方で排水口に落としてしまっても、問題なく流れてくれるケースはありますし、流れずに内部に留まっていても水を普通に流せることもあります。
問題となるのは明らかに水の流れが悪くなっている場合です。
丸一日置いても詰まりが解消しないのであれば、内部に留まっていると考えられます。

ラバーカップを用意しておくと便利です

ラバーカップはトイレの詰まり解消の定番アイテムです。
トイレに大きな固形物を落としてしまう状況は基本的にあり得ません。
排水口の部分で引っかかって、それ以上は奥に進めないからです。
固形物が流れてしまうケースでは、比較的小さなものを落としていると考えられます。
そのため市販のラバーカップで吸引できることが多いのです。

詰まりの発生場所によってはラバーカップでは引き出すのが難しい場合があり、そんなときは真空式パイプクリーナーが役立ちます。
ラバーカップと原理は同じですが、より強力な吸引力を持っています。

ご自身で挑戦して解決しないときは水回りの専門家に

トイレの詰まりの解決方法は一つではありません。
何を流してしまったのか、どこで詰まりが発生しているのか、などによって解決法が変わってくるからです。
排水管まで進行した詰まりは、ご自身で解決するのが困難になります。
高圧洗浄や便器取り外しなどの作業が必要になることもあるので、解決しないときは水道業者に相談してください。

水道業者はトイレの診断して、修理するべき場所を特定し、摩耗している部品の交換なども行っています。
トイレを長持ちさせるためには、プロにまかせたほうが費用対効果は高いのです。
ご自身での対策で解決できない場合、詰まりを悪化させてより高額な費用が発生する可能性があります。

かごしま水道職人は鹿児島市をはじめとして、霧島市、鹿屋市、薩摩川内市などの鹿児島県全域でトイレの詰まり・水漏れ修理に対応している水道局指定店です。
見積もりは無料で対応できますし、365日24時間の受付を行っています。
水回りのお悩みには、かごしま水道職人が責任を持って対応いたします。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315