【水道局指定工事店】鹿児島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » お風呂の詰まり解消の使えるプロ仕様の道具!ローポンプとは?

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の詰まり解消の使えるプロ仕様の道具!ローポンプとは?

2021年01月31日 浴室のトラブル
鹿児島_7

排水管の詰まりを解消するための道具は、種類が豊富にあります。
一般家庭向けのものもあれば、プロである業者向けのものも多いです。プロ仕様の道具は高価で使用方法が難しいため、自宅で使用するのであれば一般家庭向けの道具を用意すればいいと思われるかもしれません。

しかし、これから紹介するローポンプという道具はプロ仕様ではありますが、使用方法も簡単で他の道具に比べてメリットが多いです。
ここでは、お風呂での使用に焦点を合わせてローポンプの特徴やメリットデメリットを解説します。

ローポンプとは

ローポンプとは、排水管に強い圧をかけて詰まりを解消できるプロ仕様の道具です。排水管に圧をかけるという意味では、ラバーカップや真空式パイプクリーナーと同じの原理で詰まりを解消できます。特に真空式パイプクリーナーは、ローポンプと似た道具であるといえます。

しかし、ローポンプはラバーカップや真空式パイプクリーナーと比べるとかなり強い圧をかけることができます。真空式パイプクリーナーのポンプ部分を少し曲げたような形状をしていて、よく混同されますが、別の道具です。


ローポンプのメリットとデメリット

排水管の詰まりを解消できる道具には、必ずメリットとデメリットがあります。
ローポンプは非常に便利な道具ですが、メリットとデメリットを踏まえた上で購入を検討するといいでしょう。

【ローポンプのメリット】
ローポンプのメリットは、他の道具に比べてかなり強い圧をかけることができます。重度の詰まりであっても解消できる可能性が高いでしょう。
一般的にラバーカップや真空式パイプクリーナーなどの道具は、流動物での詰まりしか解消できず、固形物や非水溶性の詰まりには適していないと言われています。

それに比べてローポンプは吸引力が高いため、汚れと一緒にある程度の大きさの固形物や非水溶性のものも引き抜くことができる可能性があるのです。排水管の詰まりの原因を押し流すと、別の部分で再度詰まってしまう可能性があります。

できるだけ引き抜いて除去したいのですが、ラバーカップや真空式パイプクリーナーでは吸引力が足りず、押し流してしまうことが多いです。その点ローポンプは十分な吸引力がありますので、押し流すのではなく引き抜いて解消できる可能性が高いでしょう。

ただし、お風呂場の排水管は床下に隠れているため、奥の方で詰まってしまうとご自身での解消が難しいです。
排水口から詰まっている場所までの距離が長いと、解消する費用が高くなってしまう可能性もありますので、特にお風呂場の詰まりは原因を引き抜いて確実に取り除いた方がいいでしょう。

また、トーラーなど他のプロ仕様の道具は扱いが難しいことが多いですが、ローポンプは真空式パイプクリーナーとほぼ同じ使用方法であるため、簡単に使用することができるのも大きなメリットです。

【ローポンプのデメリット】
メリットが多いローポンプですが、やはりデメリットもあります。
ローポンプの一番のデメリットは購入時の費用でしょう。安い物でも8,000円程度、高い物だと30,000円ほどすることもあります。
自宅で使うためであればそれほど高い物は必要ありませんが、安い物だと耐久性・利便性・効果に不安がありますので、一般的な15,000円程度物を購入すれば安心して使用できるでしょう。

ラバーカップや真空式パイプクリーナーは2,000円程度で購入ができますので、それに比べると購入時の負担は大きいです。ただ値段に見合った効果は得られますので、使用頻度が高かったり、詰まりが重度の場合はローポンプの購入を検討してもよいかもしれません。

また、ローポンプは詰まっている位置が排水管の深い位置の場合は、効果を発揮しにくいです。お風呂場の排水管は床下に隠れているため、深い位置の詰まりはご自身での対処は難しいです。早めにプロの業者に相談してみましょう。


ローポンプの使用方法

ローポンプは先端を排水口に押し付けてハンドルを押し引きすると、排水管に圧をかけることができます。
お風呂で使用するときは、汚れてもすぐに洗い流せるため養生の必要はないですが、他の場所で使用する場合は必ず養生をしてから作業してください。排水口が浴槽と繋がっている構造になっていると、浴槽の排水口から空気が漏れてしまうことがあるので、テープや濡れたぞうきんで塞いでおくといいでしょう。

先端を排水口に押し付けるときは、ハンドルを押した状態にしてからしっかりと押し付けて空気が漏れないようにしてください。しっかりと押し付けたら、ハンドルを少し勢いをつけて引いてゆっくり押すということを何度か繰り返しましょう。

ハンドルの抵抗が軽い場合は、どこからか空気が漏れているのでローポンプの位置を調整したり、浴槽の排水口から空気が漏れていないかを確認してください。

詰まっていると最初はハンドルの抵抗が重いですが、詰まりが解消されると抵抗が軽くなります。水を流して詰まりが解消されているか確認してみましょう。


自分で解消できなかった場合は、かごしま水道職人にご相談ください

ローポンプを使っても解消できなかった場合は、高圧洗浄やトーラーでの作業が必要となります。高圧洗浄やトーラーを使っての作業はご自身では難しいため、プロである業者に相談しましょう。

かごしま水道職人は、鹿児島市・霧島市・鹿屋市をはじめ、鹿児島県全域の対応が可能です。鹿児島県の水のトラブルはぜひ、かごしま水道職人にご相談ください。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315