鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 洗面所の蛇口から水漏れが!知っておきたい原因と対処方法

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の蛇口から水漏れが!知っておきたい原因と対処方法

2021年02月07日 洗面所のトラブル


洗面所の蛇口からの水漏れに気づいたら、まず原因を突き止める必要があります。水道修理業者を呼ぶ前に自分で修理できそうであれば、対処したい人も多いでしょう。
今回は、洗面所の蛇口の水漏れと原因の突き止め方、対処方法をご紹介します。

洗面所の蛇口から水漏れする原因は?

洗面所の蛇口から水漏れが起こるとき、いくつかの原因が考えられます。それぞれ対処方法も違うため、まずは正確に原因を把握しましょう。

1.水栓上部やパッキンが劣化している
ハンドル式の洗面所を使っている場合、ハンドル部分である水栓上部やパッキンが劣化して水漏れが起こるケースがあります。ハンドルの付け根やスパウトからの水漏れが止まらないのなら、ハンドル部分や内部パッキンの劣化を予想しましょう。

とくにパッキンは常に水と触れあうため、劣化しやすいパーツです。腐食、経年劣化、損傷が考えられます。古いパッキンを取り外して新しいものに交換するだけで水漏れが止まることもあります。


2.カートリッジが劣化している
レバー式の洗面所を使っているのなら、カートリッジの劣化が考えられます。レバーの中にはプラスチック製の部品が組み込まれており、これをカートリッジと呼んでいます。
カートリッジが劣化してくると水漏れが起こりやすくなります。スパウト部分からの水漏れが頻繁に確認できるようになったら、カートリッジの劣化を疑うと良いでしょう。


3.蛇口本体が劣化している
蛇口本体が劣化して水漏れが起きるケースもあります。この場合、単純にハンドルやパッキンの修理・交換では水漏れを止めることは難しく、個人では対応しきれない状況です。水道修理業者に任せたほうが安心でしょう。

蛇口本体の耐用年数は、どこのメーカーでもおよそ10年と言われています。おおむね10年~13年で交換する家庭が多いようです。洗面所の蛇口を10年程度使った時点で水漏れが起きるようであれば、蛇口本体の劣化が考えられます。

賃貸マンションなどでは、以前の住人が何年使っていたか分かりにくいものです。蛇口本体の劣化を感じたら、業者を呼ぶ前に賃貸管理会社に問い合わせをしてみると良いでしょう。


4.パイプのパッキンや排水管の劣化
洗面台の下部から水漏れがあり、床が濡れている状態になっていたら要注意です。集合住宅の場合、階下への漏水が起きてしまう可能性があります。床が水浸しになるだけならまだしも、漏水で他の家に迷惑をかけてしまうことになりかねません。

洗面台下部からの水漏れは、排水パイプの接続部分にあるパッキンや、排水管そのものの劣化が考えられます。パッキン部分はともかく、排水管そのものの劣化は個人ではなかなか対応しにくいと考える人も多いようです。できないことはないのですが、やはり大がかりになりがちなため、水道修理業者への依頼も少なくありません。


水漏れを直すときの注意点と効果的な方法

個人で対処できる水漏れの修理は、まず止水栓を締める必要があります。開いたままだと作業中に水が噴き出すため、止水栓を締め、水が出ないことを確認してから作業に入りましょう。

1.ハンドル、スピンドル、パッキンの交換
止水栓を止めたらハンドルを取り外します。次にスピンドル、パッキンを外します。パッキン、スピンドルの順にパーツの交換を終えたらハンドルを戻します。締めていた止水栓を開き、水の流れを確認すれば完了です。


2.カートリッジの交換
レバーハンドル式の蛇口についているカートリッジの交換の際も、まず止水栓を締めておきます。
レバーハンドルを外し、次にカートリッジカバーを外します。それからカバーの中にあった古いカートリッジと、用意しておいた新品のカートリッジを交換します。カートリッジカバーとレバーハンドルを戻し、止水栓を開けば完了です。

簡単な水漏れなら、このような方法で十分に対応できます。しかし自分には難しいと感じた場合には、無理をせずに水道修理業者を呼びましょう。修理のつもりがさらに悪い状態にしてしまっては、元も子もありません。


水漏れはひどくなる前に対処するべき

パーツの劣化はいずれ起きてしまうものであり、生活していれば大なり小なりの水漏れは起こり得るものです。また、給水管や排水管は経年劣化から腐食もあり得ます。蛇口本体や周辺からの水漏れや、排水管周辺から床下への水漏れを発見したときには早めに対処を行いましょう。

水漏れだけではなく、排水口の詰まりの気配にも要注意です。ゴミの詰まりやパーツの劣化が詰まりを引き起こしている可能性もあります。
パイプクリーナーによる定期的な清掃や、洗面台を使うときにアクセサリーを落としたりしないように注意するなど、日頃から注意しておくと良いでしょう。

かごしま水道職人は、鹿児島市をはじめ、鹿屋市、霧島市、出水市など、その他多くのエリアに出張対応が可能です。24時間の受付体勢を取り、年中無休で365日スピーディな作業を行います。
水回りのトラブルの発生や不安を感じることがあれば、まずは無料のお見積もりからお気軽にご連絡下さい。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315