鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » うっかりトイレに落とし物!やっていいこと、悪いこと

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

うっかりトイレに落とし物!やっていいこと、悪いこと

2021年02月07日 トイレのトラブル


トイレにうっかり何かを落としてしまったとき、まずは流さずにすぐ取り出さなくてはいけません。しかし、つい流して詰まりの原因のなってしまうこともあります。トイレに物を落としたら、するべきこと、してはいけないことに気をつけましょう。

トイレに流して良いもの、悪いものとは

トイレは何でも流して良いわけではありません。当然ながら、流して良いものと悪いものがあります。流してはいけないものを流すと詰まりの原因になるため、必ず分けて処理しましょう。

1.トイレに流して良いもの
トイレに流して良いものは、排泄物、トイレットペーパー、水の3種類です。
流せるタイプのトイレクリーナーシートもありますが、あまり大量に流すと便器の詰まりの原因になります。また、クリーナーシートはトイレットペーパーと比較すると水に溶けにくいため、性能を過信せず、可能なら別々に処理したほうが良いでしょう。


2.トイレに流してはいけないもの
「流して良いもの以外は全部ダメ、異物と考えるべき」と覚えておくと便利です。中には食品を流してしまう人もいるかもしれませんが、あまり推奨できません。食品に含まれる油分が便器や排水管にこびりつき、蓄積されると詰まりの原因になってしまいます。
ペットの糞は自治体によって扱いが違います。トイレに流して良い自治体と、可燃ゴミとして出すことになっている自治体に分かれています。お住まいの自治体で確認しておきましょう。


3.うっかり流すと詰まりやすいもの
流してはいけないものの中には、誤って流してしまうと特に詰まりやすいものがあります。アクセサリー、メガネ、タオル、おもちゃ、ペンのように固いものは排水管に引っかかりやすいので、落とさないように気をつけてください。
落としたときの精神的ダメージが大きいものでもありますので、万が一落としてしまったら、せめて流す前に素早く取り出しましょう。


落としたときにするべきこと、してはいけないこと

便器内にものを落としてしまったとき、絶対に流してはいけません。
取り出せなくなってしまうことに加え、トイレを詰まらせてしまう可能性が高くなります。
すぐに拾い上げられるようなら拾い上げ、綺麗に洗いましょう。これで被害を最小限に抑えられます。

すぐに拾い上げられない、見えなくなってしまった、でも便器の奥まで流れてしまうわけでもなさそうだ…というときには、まずトイレの止水栓を締めてしまいます。うっかりでも水を流さないようにするためです。

見えなくなってしまったとしても、奥の奥まで行っていなければ、まだ拾い上げる望みはあります。ゴム手袋をして手を入れて探してみましょう。浅い位置にあればここで救出可能です。

手が届く場所にない、流れて行ってしまったかもしれない…という場合には、ラバーカップの出番です。幸運が味方すれば、落としたものが浮かび上がってくる可能性があります。
ただしラバーカップの使用時の勢いで、落としたものが流れて行ってしまうこともあるので注意してください。


最近増加中のスマホ落下

スマホをトイレに落としてしまうケースが増えています。できれば持ち込まないほうが良いのですが、ライフスタイルによってはそうもいかないものです。しかしトイレに落としてしまったら、故障が心配です。

スマホの利点は比較的サイズが大きく、便器の奥まで流れにくい点にあります。止水栓を締め、水の流れを止めてから、ゴム手袋をしてゆっくり静かに取り出すと良いでしょう。

このとき、ラバーカップや真空ポンプは利用しないでください。スマホはそれなりに重さがあります。ラバーカップや真空ポンプは、重さのあるものを取り出すことには向いていません。

また、前述の通り、使用時の勢いでさらに流れていってしまうことがあります。そうなると個人で取り出すことは非常に難しくなり、水道修理業者に依頼するしかなくなってしまいます。

水没はスマホの故障の原因の1つです。スマホの構造上、水濡れで壊れる部品に水が到達するまでしばらく時間がかかります。この間に素早く取り出しましょう。取り出したら絶対に電源は入れずにすぐに乾かしてください。


落としたものの形状によっては、放置は危険

どうしても取り出せなかった、諦めよう、という結果になっても仕方ありません。ただ、落としたものの形状によってはトイレの詰まりや排水管を傷める原因になってしまいます。

角張った形のもの、比較的大きいもの、硬い材質でできているものを落とした場合には、危険です。排水管に引っかかり、詰まりや痛みを引き起こすかもしれません。

心当たりのものを落としてしまったときには、水道修理業者への依頼を検討しましょう。
個人では対処できない落とし物でも、プロの業者なら適切な処置をしてくれます。

かごしま水道職人では、鹿児島市、霧島市、薩摩川内市をはじめ、鹿児島で広く出張修理を行っています。
トイレの詰まりや落下トラブルの解消もお任せ下さい。事前に無料でお見積もりを行い、お客様に納得頂いた上で作業を開始致します。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315