鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 水漏れの原因にも?トイレの老朽化は早めに対処!

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れの原因にも?トイレの老朽化は早めに対処!

2021年02月07日 トイレのトラブル


トイレのタンクの中から水漏れがしているような音がしたら、パーツやタンクの老朽化を疑いましょう。使用年数によっては、トイレそのものの交換も視野に入れることになります。
大規模な水漏れが起こる前に早めの対処を心がけましょう。

トイレの耐用年数は?パーツごとにチェック!

トイレそのものの耐用年数は非常に長く、「100年でも使える」と言う人もいます。それほどしっかりした造りをしているということでしょう。100年とはいかなくても、10年以上使うことは珍しくありません。

1.便器の耐用年数
便器の耐用年数は、それこそ100年と言われています。陶器製のため、ヒビさえ入らなければ長く使える丈夫さを誇るパーツです。メンテナンスを怠らず、大切に使うと良いでしょう。


2.タンク
タンクも便器と同様、耐用年数が長いパーツです。陶器製であることも便器と同様です。やはり大切に使えば長く使えるものですので、メンテナンスをしながら使いましょう。

便器もタンクも、いずれも交換となるとそれなりに費用がかさみます。問題がない限り、そのまま使い続けるご家庭も多いものです。それでも問題なく使い続けることができるのは、やはり陶器製のトイレが丈夫だということの証明です。

ただ、家のリフォームをするときに、新しい家に似合う最新式のトイレにしたいという人もいます。逆に言えばそのような機会がない限り、積極的に交換しようと思う場所ではないということですね。


交換はタイミングに注意

トイレの交換は頻繁に行うものではありませんが、交換するときには製造年数に注目しましょう。

1.タンクは製造から10年で在庫確認必須
多くのメーカーでは、タンクは製造から10年を過ぎると、生産をやめる傾向にあります。同じものに交換したくても在庫がないということになってしまうこともあるのです。

ただ、同じタイプのタンクであれば、交換が可能な場合もあります。
最初に見積もりを取るときに業者に相談してみると良いでしょう。


2.便器交換のタイミング
前述の通り、便器は長く使えるものです。
年数が経っていても交換を急ぐほどではないのですが、問題が出ていれば話は別です。掃除をしても気になるような変色が生じていたり、目視できるヒビが入っているようなら交換を考えましょう。

便器も新製品が続々とリリースされているため、設置から年数が経っているものは在庫がない可能性があります。こちらも見積もりのときに業者と相談すると良いでしょう。

また、和式から洋式に交換する際には、通常の作業とは違う手順が必要になります。多少工事に時間がかかったり、費用が変わる可能性がありますので、その点もしっかり確認しておきましょう。


3.タンク内のパーツの交換
タンク内にはさまざまなパーツがあります。タンクの蓋を開けると、思ったよりも複雑な造りであることに驚く人もいるでしょう。
オーバーフロー、ボールタップなどは、タンクのように耐用年数が長いわけではありません。オーバーフローやボールタップは頻繁に動くパーツであるため、便器やタンクよりも劣化が早いのです。とはいえ短いというわけでもなく、おおむね10年程度であると考えておきましょう。

タンク内でポタポタと水漏れの音がするようになった場合には、タンクよりもパーツの故障・劣化だと考えられます。
タンクの水漏れの原因は、多くが密結パッキンと呼ばれるパーツです。密結パッキンの耐用年数はおよそ20年、こちらも非常に長いものです。もしトイレの設置から20年程度が経過しているのであれば、タンク内の水漏れの際には密結パッキンの劣化を疑いましょう。
他の部分に問題がなければ、密結パッキンの交換だけで水漏れが収まります。


老朽化が進むとトラブルの原因に

トイレやトイレ周辺の老朽化が進むと、トラブルが起こるようになります。トイレ本体は問題がないとしても、排水口や排水管付近でトラブルが起こるようになることがよくあります。

特に多いトラブルとしては、流したときの詰まりが挙げられます。老朽化によって流す勢いが弱くなったりすれば、水が流れにくくなってしまうのは仕方がありません。修理するほどではないと思っても、水道修理業者に点検してもらうと改善することがあります。

トイレタンク内のパーツは自分でも交換できるものがありますが、想像以上に複雑な造りをしているタンク内は、無理をすると余計に調子が悪くなってしまうことがあります。また、止水栓を止めたり周囲の養生をしたりと、個人で行うには少々手間暇がかかります。

もっとも安心な方法はやはり水道修理業者に依頼することです。トイレの調子が気になったら、まずは症状を相談し、見積もりだけでも依頼してみましょう。

かごしま水道職人は、鹿児島市や霧島市、姶良市をはじめ、鹿児島の多くの地域で水回りのトラブルに対応しています。
24時間365日電話受付が可能で、時間を問わず緊急トラブルの修理にお伺い可能です。
いつでもご連絡お待ちしております。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315