【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 洗面所でもパッキンの劣化とナットの緩みは発生しやすい

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所でもパッキンの劣化とナットの緩みは発生しやすい

2021年03月28日 洗面所の水漏れ
洗面所の水漏れ
洗面所で発生する水漏れの多くは、パッキンの劣化やナットの緩みが原因であることが多いでしょう。
もちろん他の理由で水漏れが発生することもありますが、自分でも改善できる場合があります。
重要なのは、どのようなことが原因で水漏れが発生しているのかを知り、自分で直せるのかを見極めることです。

そこで今回は、洗面所の水漏れの原因と対処法のポイントをご紹介します。

パッキンやナットが水漏れの原因であることが多い

洗面所で水漏れが発生した場合、主な原因はいくつかあります。

まずは部品の劣化による損傷ですが、年月が経過すれば、どのような部品であっても徐々に劣化していきます。
そのため、排水パイプに亀裂が入ることや、穴が開いてしまうこともあるのです。
このような破損個所から水が漏れている可能性があるので、まずは水漏れをしている箇所を特定しましょう。

洗面所では洗面台から床までの部分は、排水パイプが露出している状態です。
排水パイプの損傷が原因であった場合には、水漏れをしている箇所が特定しやすいのです。
もし排水パイプの接合部分から水が漏れている場合には、ナットの緩みやパッキンの劣化が考えられます。
実は洗面所をはじめ、水漏れが発生する原因で特に多いのがパッキンの劣化です。

接合部分から水が漏れていたら、まずナットが緩くなっていないか確認しましょう。
ナットも時間の経過で緩くなりやすいので、きちんと締まっているのか確認し、緩くなっていたらしっかりと締めます。
ナットを締めても水漏れが改善されなければ、パッキンが劣化していないか確かめてみましょう。
パッキンの交換やナットを締めるぐらいであれば、それほど高い技術は必要ありません。
ただし、パッキンは現在使用している種類と同じ物を購入しないと、うまくはめられないことがあります。

洗面所のパッキンを交換する方法

洗面所では、排水パイプにもパッキンが使用されていますが、蛇口にもパッキンが使用されています。
もし水漏れが発生し、パッキンの劣化ではないかと判断したら、交換する必要があります。

まずは止水栓を締めて、完全に水を止めましょう。
排水パイプの場合には、ナットを緩めて取り外し、パッキンを交換するだけなので比較的簡単です。
しかし、蛇口から水が漏れていた場合には、少々時間と手間をかける必要があります。
ここからは洗面所の蛇口から水が漏れていた場合、どのようにパッキンを取り換えるのかを説明します。

止水栓を締めたら、蛇口のハンドルに取り付けられているキャップを外します。
指で簡単に外すことはできないので、リングピッカーを使用するとよいでしょう。
もし持っていない場合には、マイナスドライバーやピンセットでも外すことができます。
キャップを外したらプラスドライバーでネジを緩め、ハンドルを外します。
ハンドルを外すと、袋ナットが取り付けられているので、プライヤーを使って取り外しましょう。
ただし、種類によっては袋ナットが六角形の場合があります。
この場合にはモンキーレンチやスパナーでも取り外せます。
袋ナットを取ると、コマパッキンと呼ばれる物が出てくるので、同じメーカーで同じ形の物に交換しましょう。
後は元通りにしてから水を少量出し、水が漏れていなければ修理が完了です。
これでも改善されないのであれば、他の原因があります。

パッキンに問題がないのに水漏れしているときの対処法

洗面所の蛇口から水漏れしており、コマパッキンにも問題がない場合には、錆びの塊が刺さっている可能性もあります。
コマパッキンを取り外したときに、錆びの塊がないか、よく観察してみましょう。
もし刺さっていた場合には、ピンセットで取り除きますが、細かい錆びまで取り除くのは難しいので、流水で洗い流します。
錆びが原因でなくても、汚れが原因でしっかりとパッキンが利いていないこともあるので、汚れもきちんと洗い流しておきましょう。

ここで重要なのは、錆びを取り除いただけではまた同じような状態になる可能性がある点です。
そのため、最後に通水をして内部の錆びを取り除かなければいけません。
通水するときには、できる限り勢いよく水を出しましょう。
洗面所であれば床がぬれても問題はないので、思い切って出すことが大切です。
水に錆が含まれなくなったら通水を止めて完了です。

もしパッキンの劣化でもなく、錆びや汚れが全くない状態なのに水漏れが改善されないようであれば、一般の人が原因を特定するのは難しいでしょう。
そんな時はこれ以上いじらないで、業者に連絡をすることをおすすめします。

パッキンの劣化やナットの破損などにも対応

洗面所で水漏れの原因がわからない、自分で直すのは不安だという人は、かごしま水道職人にご連絡ください。
パッキンの劣化、ナットやシャワーホースの破損など以外にも、水回りに関するトラブルなら何でもお任せください。
対応エリアも広く、鹿児島市や霧島市、薩摩川内市や姶良市、鹿屋市など、鹿児島県内の広範囲に出張が可能です。
24時間年中無休で対応していますし、フリーダイヤルなので依頼時の電話料金もかかることはありません。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315