【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » トイレで水漏れをしやすい箇所と応急処置の方法

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレで水漏れをしやすい箇所と応急処置の方法

2021年03月28日 トイレの水漏れ
トイレの水漏れ
トイレも水を使用する場所ですし、水漏れしやすい箇所が多く存在しています。
まずは水漏れしやすい箇所を知ることで、素早く水漏れ箇所や原因を特定することができます。
水漏れを発見した場合、どのように応急処置をするのかも知っておくと便利です。

業者に依頼する前に水漏れ箇所を特定する

トイレは家にいれば比較的多く利用するので、水漏れをしていた場合も見つけやすいでしょう。
しかし、どこから水漏れをしているのかを特定しないと、業者に連絡をしたときにも詳しく説明できませんし、応急処置をすることもできません。
そこでトイレの中でも水漏れをしやすい箇所をあらかじめ知っておく必要があります。
そうすればより早く水漏れをしている箇所を特定しやすくなるでしょう。

トイレで水漏れが発生しやすい場所は、大きく分けると4箇所あります。

・タンク
・ウォシュレット
・配管との接続部分
・便器と床の接続部分


タンクの場合には、タンクの内部に原因がある可能性が高いでしょう。
ゴムフロートの劣化やごみが挟まっている、鎖が絡まっているなどが考えられます。
タンクは自分でも対処しやすい場所なので、業者に連絡をする前に確認してみましょう。
ゴムフロートの劣化やズレであれば、すぐに直せますし、ごみが詰まっている場合や、鎖が絡まっている場合もすぐに直せます。

ウォシュレットの場合には、ナットが緩んでいる可能性があるので、まずは確認してみましょう。
ナットの緩みが原因でない場合には、自分で修理をするのは難しいので、業者に依頼することを、おすすめします。

配管との接続部分から水が漏れているのであれば、ナットの緩みかパッキンの劣化が考えられます。
どちらも比較的簡単に直せますが、配管の交換が必要な場合には、業者に依頼をした方が無難です。

便器と床の接続部分から水が漏れているのであれば、自分で修繕するのはほぼ不可能なので、プロの業者に修理をしてもらわなければいけません。

トイレで水漏れを確認したときの応急処置

自分で修理をする場合も、業者に連絡をする場合も、まずは応急処置をしないと、ずっと水が漏れている状態が続きます。
トイレには通常排水口があるので、少量の水漏れであれば溢れて流れ出す心配は殆どないでしょう。
しかし、急に水漏れが酷くなる可能性もありますし、少量であってもずっと水が漏れていれば、水道代が高くついてしまいます。
そうならないためには、応急処置を自分で行う必要があります。

応急処置の基本は水を止めることですが、最も簡単なのが止水栓を締めてしまうことです。
そうすれば水の流れが止まるので、他の部分をいじらなくても水を止めることができます。
止水栓を締めるには、止水栓がどこにあるのかを把握しておかないといけません。
通常は蛇口のようにハンドルが取り付けられているので、ハンドルを回せば水を止めることができます。
家によっては止水栓を締めるのに、マイナスドライバーで回す必要がある場合があるので、どのように水を止めるのかも調べておきましょう。

もし止水栓が見当たらない場合には、水道メーターのところから水を止める必要があるのですが、そうすると家全体の水が止まります。
持ち家であれば問題ありませんが、賃貸住宅の場合には他人の家に迷惑がかかることもあるので、そんなときには水道修理業者に連絡をして、担当者が到着するまでの応急処置の方法を教えてもらいましょう。

便器が詰まらないように予防する

トイレの中でも何かが詰まって水の流れが悪くなる場所と言えば、タンクと便器です。
タンクは普段滅多に開けることがないので、それほど頻繁に詰まることは少ないと言えます。
ただし、便器は使用するたびに水を流すので、しっかりと予防する必要があるのです。
そのため普段から汚れが溜まらないように定期的に掃除をすることと、便器に流してはいけない物は流さないことを心掛けてください。
特にトイレの掃除中にスマホを見ながら行う、鍵など小さな物をポケットに入れた状態で掃除をしていたりすると、便器の中に落としてしまう可能性が高くなります。
掃除をするときには、余計な物をトイレに持ち込まないことが大切です。

また、本来流してもよいトイレットペーパーであっても、1度に大量に流すと便器が詰まることがあります。
そのため、どうしても大量のトイレットペーパーを流さなくてはいけない事態になったら、少量ずつ数回に分けて流すようにしましょう。
これに注意するだけでもトイレの詰まりを高い確率で防止することができますが、経年劣化で水漏れが発生することもあるので、水漏れを見つけたらきちんと修理や交換をすることが大切です。

トイレの修理も安心して依頼できる業者

かごしま水道職人であれば、トイレの詰まりや部品の交換などもスピーディーに行うことができます。
出張が可能なエリアも、鹿児島市や鹿屋市、薩摩川内市や出水市、日置市と広範囲をカバーしています。
出張エリア外であっても、鹿児島県内や鹿児島県に隣接している地域であれば、対応できる場合もあるので問い合わせをしてみてください。
もちろんトイレ以外の水漏れ修理にも対応しています。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315