【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » トイレのトラブルを回避するには普段からの定期的な掃除がポイントに!

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのトラブルを回避するには普段からの定期的な掃除がポイントに!

2021年05月16日 トイレのメンテナンス


トイレの便器や便座の汚れを放置しておくと悪臭や黄ばみの原因になり、一度の掃除では汚れやニオイを取り切れないこともあります。
また、トイレ掃除をしないと尿石がたまってしまい、悪臭や詰まりの原因になる場合もあります。
トイレのニオイや詰まりなどのトラブルを回避するには、普段からこまめに掃除することが必要です。

そこで今回は、自力でできる便器や便座のトイレ掃除方法について紹介します。

トイレの便器をDIYで掃除する方法

トイレの便器についた頑固な汚れは、黒ずみか黄ばみのどちらかに分類できます。
便器についた黄ばみは尿石が原因で、その名のとおり飛び散った尿が石のように固くなることで発生します。
時間をかけて固くなるため、汚れが落としにくいのが特徴です。

一方、黒ずみはカビや埃、便などのこびりつきが原因で発生します。
便器の水面に黒ずみの輪ができたり、便器全体が黒ずんでしまう現象が現れます。

・黒ずみや黄ばみは専用洗剤で掃除する
トイレの便器の汚れは、市販されている専用洗剤を利用して掃除しましょう。
黄ばみの原因となる尿石はアルカリ性であるため、酸性の洗剤を利用することで中和され、汚れを分解できます。
市販されている酸性洗剤は除菌力も貴いため、黒ずみの原因となる黒カビを落とすことも可能です。

酸性洗剤には液体タイプとチューブタイプが販売されており、便器全体の掃除には液体タイプを、尿石がピンポイントで固まっている場合はチューブタイプを利用するなど使い分けをすることで、よりキレイに掃除することができます。

・頑固な汚れはつけ置きで解消
便器の汚れがひどい場合は、酸性洗剤をつけてしばらく放置すると解消できる場合があります。

1.便器のフチなど、汚れがひどい場所に3つ折りにしたトイレットペーパーを敷き、酸性洗剤をまんべんなく回しかけます。
2.そのまま5分ほど放置し、最後にブラシで汚れをこすって水を流せば完了です。

酸性洗剤を放置する時間はメーカーによって異なるため、事前に必ず確認しましょう。
放置時間が長いほど洗浄能力は高まりますが、便器を傷める原因になるため注意が必要です。

・普段のお手入れは中性洗剤で
便器の頑固な汚れには酸性洗剤が有効ですが、定期的な掃除で利用する場合は中性洗剤がおすすめです。
中性洗剤はトイレの全体的な掃除に利用できるため、陶器やガラス、プラスチックなど便器の性質を問わず利用することが可能です。

また、中性洗剤の種類によっては、トイレットペーパーや雑巾などを利用して、便座や床の掃除にも活用することもできます。
中性洗剤はスプレータイプも販売されているため、普段のお手入れはもちろん、トイレ掃除のオールラウンドプレーヤーとして利用できます。


トイレの便座をDIYで掃除する方法

トイレの便座は一見すると汚れていないように見えますが、実は便座を上げてみると、汚れがたまっていることも少なくありません。
トイレの便座には、尿石や水垢、雑菌などによる黄ばみや黒ずみ、ピンク汚れが発生することがあります。
便座の汚れがたまると悪臭の原因になるため、定期的な掃除が必要です。

一般的な便座はプラスチック製のため、除菌クリーナーやトイレクリーナーを使用すれば簡単に掃除することができます。
まず、除菌クリーナーで便座の座面を拭いて汚れを落とします。
次に便座を上げ、裏側を拭きます。座面で拭いた面は使用せず、折りたたんで新しい面で拭き取るようにしましょう。
汚れがあまりにもひどい場合は、トイレ用洗剤を使用すると落としやすくなります。
ウォッシュレットの場合、便座のつなぎ目に細かな埃がたまっているため、綿棒や不要な歯ブラシなどを利用すると、隙間に詰まったゴミや汚れを取り除けます。


トイレのタンクをDIYで掃除する方法

トイレのタンクはつい放置しがちですが、水垢や黒ずみがたまりやすいため、月に一度はタンク内を掃除しましょう。
タンク内を掃除する場合は、念のために止水栓を閉めておく必要があります。
マイナスドライバーを利用すれば簡単に止めることができるので、掃除の前に必ず閉めておきましょう。

1.タンクの蓋を外し、スポンジや歯ブラシに中性洗剤をつけ、キレイに蓋を掃除します。

2.水垢や黒ずみがひどい場合は、トイレの専用洗剤をかけてしばらく放置し、それから汚れを落とします。

3.タンク内の汚れは重曹で簡単に落とすことができます。
1カップの粉末重曹を水の入っているタンク内に入れ、そのまま半日ほど放置します。
重曹により汚れが溶かされますが、汚れがこびりついている場合はスポンジやブラシなどでこすり洗いをしましょう。

4.最後に止水栓を開けて、水を流せば完了です。


トイレのトラブルはかごしま水道職人にご相談ください

トイレの汚れや尿石をそのまま放置しておくと、便器内で水が詰まる原因になり、水漏れを発生させることもあります。
尿石がたまりすぎると簡単にとることができないため、専門の水道修理業者に依頼したほうが良いでしょう。

かごしま水道職人は、鹿児島市や薩摩川内市、霧島市や姶良市、日置市など広範囲にわたって鹿児島のトイレトラブルをサポートしている水道修理業者です。
トイレトラブルはもちろん、キッチンやお風呂などのトラブルも対応しているため、水道トラブルが起きた際は一度相談してみてください。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315