【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 台所の排水管で水漏れが発生する原因と対処法

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所の排水管で水漏れが発生する原因と対処法

2021年05月18日 キッチンの水漏れ


シンクと排水トラップの接続部分から水漏れが発生したとき

排水トラップというのは、下水道から発せられる臭いや虫などが侵入してこないようになっている構造や装置を指します。これはシンクとつながっており、水漏れはシンクとの接続部分で起こります。

原因としてはナットが緩くなっていること、金属と金属の隙間を埋める役割を果たすゴムパッキンの劣化がほとんどです。水があふれていることに気が付いたら、タオルなどを準備して水の広がりを防ぎます。あふれてくる水が多く焦ってしまうかもしれませんが、これは最初のうちだけで一時的なものです。シンクで水を使わなければ、それ以上の水はあふれてきません。

ナットの緩みが水漏れの原因になっているときは、きつく締めなおすだけで改善されることがあります。ゴムパッキンを交換するには新品のゴムパッキンが必要になるほか、排水トラップを一度取り外す作業が必要です。製品によっては取り外しにドライバーを使用するケースもありますので、準備しておきましょう。

・劣化したゴムパッキンの交換方法について
まずは排水トラップを外したときにあふれてくる水に対処するため、雑巾やタオル、バケツを準備します。排水トラップの下についているナットを緩めて、排水パイプを外してください。

次は排水トラップを取り外して、古くなっているゴムパッキンを新品のものに交換です。新しいパッキンを取り付けたら、これまでと逆の工程で外したパーツをもとに戻し、シンクで水を流してみて該当箇所から水があふれてこなければ作業完了です。

排水ホースと排水トラップの接続部分から水漏れが発生したとき

排水トラップには排水ホースというものが接続されています。こちらにもシンクと排水トラップの接続部分と同じように、ナットとゴムパッキンが使用されています。ゴムパッキンは近くのホームセンターで購入可能です。

・排水ホースに取り付けられているゴムパッキンの交換方法について
排水トラップの下に取り付けられているナットを緩めます。これで排水ホースの取り外しが可能になるので、古くなったゴムパッキンを新品のものに交換です。交換後は接続し直して、水があふれていないか忘れずにチェックしてください。

排水ホースの破損で水漏れが発生したとき

ホースは基本的に塩化ビニールで作られているため頑丈で、そう簡単に壊れてしまうことはありません。しかし長期間使用していることで劣化しホースが破れて、古いタイプのホースを使用しているときには破損も考えられます。

ホースに穴が開いてしまうとシンクで水を使用したときにその水が外に流れ出てしまうので、できる限り早急な対処が必要です。新しいホースを購入する際には、緊急時の備えとしてスペアのホースも一つ購入しておくとよいでしょう。

・排水ホースを交換する方法
シンク下の扉を開けると排水ホースとつながっている排水プレートが床面に見えるのでそれを外します。大体は外せますが、ネジで留められているときはドライバーが必要になるので事前に確かめておきましょう。プレートに接続しているホースを外すためには、接続部分に取り付けられているゴムとキャップを先に外すことが必要になるので注意が必要です。

今度は排水トラップにつながっているパイプの取り外しです。あふれた水が広がらないように、雑巾やタオルを準備してください。古くなったホースの取り外しに成功したら、これまでと逆の工程で新品のホースを取り付けます。このときホースが長く、余ってしまっても丸めないように設置することがポイントです。

給水管と蛇口の接続部分から水漏れが発生したとき

給水管と蛇口の接続部分から水があふれてくると、床に水が行き届いてしまいます。もしここでの水漏れを発見したらシンク下に設置されている止水栓をしめてください。接続部分で起こる水漏れの原因には、ナットが緩んでいること、パッキンが劣化などによって破損していること、シールテープが劣化していること、が挙げられます。

ナットが緩んでいればきつく締め直すことで症状の改善が可能です。ナットが原因でなければ、パッキンやシールテープの交換が必要になります。作業にはレンチが必要になるので、事前に準備しておきます。

・給水管と蛇口のパッキンを交換する方法
止水栓が閉まっていることを確かめたら、接続部分を取り外してください。取り外しに必要な工具は水栓レンチです。取り外すとパッキンの交換ができるので、古くなったパッキンを取り外し新品の物を取り付けましょう。蛇口をはめたら止水栓を緩めて、水があふれてこないことが確認できたら作業完了です。

・給水管と蛇口のシールテープを交換する方法
パッキン交換のときと同様に、接続部分を水栓レンチで外します。古くなったシールテープをはがして、新品のシールテープを巻いていきます。このときシールテープは時計回りに巻いていくこと、ネジ山の先端部分にはテープを巻き付けないことがポイントです。蛇口を元に戻したら止水栓を緩めて、水があふれてこなければ作業完了です。

台所の水漏れでお困りなら

かごしま水道職人は薩摩川内市、姶良市、南さつま市、南九州市、大島郡など鹿児島県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでの詰まりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にかごしま水道職人にお問い合わせください。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315