【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 排水口の詰まりをなくしてキッチンを快適に利用しよう

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

排水口の詰まりをなくしてキッチンを快適に利用しよう

2021年05月18日 キッチンのメンテナンス


キッチンの排水口、詰まっていませんか?

キッチンの排水口から水が逆流してくる、水がなかなか流れていかない、なんてことはありませんか。詰まりを放っておくと、排水管のつなぎ目が緩み、水漏れの原因となることもあります。

また、カビや悪臭、害虫の発生源にもなり、食中毒などの健康被害をもたらしかねません。毎日のように使う場所ですし、食材を扱う場所ですので、清潔に使用したいものです。そこで、キッチンの排水口が詰まってしまったときの対処方法と、対策方法を紹介します。

排水口の詰まりの原因

キッチンの排水口は、水以外のものも多く流れていきます。これらが排水管に蓄積して、塞いでしまうことが、詰まってしまう大きな原因です。以下に詰まりの原因となるものをいくつか挙げます。

・油汚れ
キッチンの排水口を詰まらせてしまう最大の要因です。油は水に溶けず、冷えて固まるため、排水管に蓄積していきます。蓄積した油汚れに、さらに油汚れや食材カスがつくことで、排水管がどんどん狭くなって詰まってしまいます。

・食材
油汚れに次いで、詰まりの原因となるのが、食材カスです。ほとんどのキッチンには、排水口にゴミ受けが設置されているため、大きなものは流れていかないようになっています。しかし、ゴミ受けの目をすり抜けていった食材カスは、排水管へと流れてしまいます。小さな食材カスでも、蓄積したり、油汚れに付着したりすることで、排水管を塞いでしまうのです。

・洗剤カス、石鹸カス
掃除をしてきれいに保つための洗剤や石鹸でも、流しきれないと汚れとして蓄積されます。油汚れに付着してしまうと、乳化して粘性が高くなり、排水管を詰まらせる原因になってしまいます。

・固形物
スプーンやフォーク、箸、ラップなどの固形物を落としてしまうケースもあります。女性であれば、指輪やイヤリングなどのアクセサリーも注意しましょう。大きな固形物は、ゴミ受けで流れていかないようになっていますが、ゴミ受けがずれていたり、設置忘れがあったりすると、誤って流れてしまうことがあります。これらは流れず、水をせき止めてしまうので、詰まりの原因となってしまいます。

予防するには

排水口の詰まりは、日ごろのメンテナンスで予防することが可能です。

・流すものに注意しよう
最も気を付けるべきことは、排水管に水以外のものを流しすぎないことです。特に、食材カスと油汚れには注意すべきです。流しに三角コーナーを設置すると、ゴミや残飯の処理が楽になります。

排水口ネットは、ゴミの処理が楽になるだけでなく、誤ってスプーンなどを流してしまった際にキャッチしてくれるため、有用です。油類は、詰まりだけでなく、熱いまま流すと、排水管を痛める原因にもなります。大量の油は、ペーパータオルで吸い取ったり、凝固剤で固めたりして、燃えるゴミとして処分するなど、流しに流さない工夫をしましょう。

・こまめに掃除と点検をしよう
定期的に掃除を行うことで、汚れの蓄積を防ぎ、排水管を清潔に保つことが可能です。お酢と重曹を混ぜて流し、簡単に掃除を行えます。市販のパイプクリーナーは、上記よりも洗浄力が強く、確実に汚れを落とせます。使用上の注意を読んで使用するようにしましょう。また、排水トラップやゴミ受けがずれていないかを点検することも大切です。

排水管の詰まりの対処方法

排水管詰まりの多くは、詰まりの原因となる異物を流すことで解消します。自分でできる方法もいくつかあります。

・ラバーカップを使う
トイレの詰まりを解消するために使うラバーカップは、キッチンの詰まりにも使用できます。排水トラップを外し、ゴム部分がつかるくらいの水を溜め、押し込んで引っ張ることを数回繰り返します。

・液体クリーナーを使う
液体クリーナーを使い、汚れを取り除く方法もおすすめです。ホームセンターで安く手に入るものもあれば、業務用のピーピースルーと呼ばれる強力なものもあります。商品によって使用方法は異なり、中には肌に触れると危険な成分が含まれています。使用上の注意書きをよく読んでから使用するようにしましょう。

・排水管を掃除する
シンクの下にある収納扉を開くと、排水管の一部が確認できます。これは自分で取り外して掃除をすることも可能です。まずは止水栓を止めて、水が流れないようにしましょう。周りに汚れが跳ねないように新聞紙などで養生して、排水管を外します。ぬるま湯や洗剤で汚れを洗い流し、再び取り付けてください。

しかし、自分で対処できることにも限りがあります。詰まりの原因が自分で取り除けない場所にあることもあるのです。特に、排水管の先にある排水升が詰まっている場合は、自分で掃除することはなかなか困難です。その場合は、早めに業者に頼むようにしましょう。

排水管を取り外して掃除することは、有用な対処法ですが、誤って破損や水漏れを起こすと、必要以上の時間とお金がかかってしまいます。自分で取り外すのが不安な場合、強力な洗浄剤を使うことが不安な場合は、業者を頼ることも大切です。

キッチンの詰まりは、かごしま水道職人へお電話ください

キッチンの詰まりでお困りの際には、かごしま水道職人までお電話ください。かごしま水道職人は、鹿児島市、鹿屋市、阿久根市、指宿市など、鹿児島県内のさまざまなエリアで、水回りのトラブルに対応している業者です。

キッチンだけでなく、トイレ、洗面所、お風呂などの水回りもお任せください。24時間・年中無休で対応を行っています。かごしま水道職人のプロスタッフが、水回りのトラブルを解決いたします。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315