【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 冬季には注意が必要!水道管の凍結によるトラブル

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

冬季には注意が必要!水道管の凍結によるトラブル

2021年08月25日 水道管の凍結


日常生活で気を付けたい水道管の凍結

さまざまな水回りのトラブルのうち、大きな被害につながりやすく、より警戒が必要なのが水道管の凍結です。気候が原因で起こるトラブルであり、避けようがないこともあります。初めて一人暮らしする方や、寒冷地に引っ越す方など十分にご注意ください。水道管の凍結のトラブルについて、事例を挙げてご紹介します。

水道管の凍結とは

住居内で使える水は、住まいに設置されている給水管により供給されています。その管のなかは常に水が通っているので、冬場に厳しい冷え込みがあると内部が凍るのです。これがよくいわれる水道管の凍結であり、さまざまなトラブルを引き起こします。

内部が凍る気温の目安はマイナス4℃であり、冷え込みがここに達するときには十分に注意せねばなりません。また、そこまで冷え込みが強くなくとも、水道管の位置によっては凍ることがあります。たとえば水道管が屋外にむき出しだったり、北向きや日陰で冷え込みやすい場所だったりすると、凍結のリスクがより高いです。このように、給水管の内部にある水は周囲の気温により凍る点には十分にご注意ください。

水道管の凍結が起きるとどうなる?

蛇口をひねったときに出てくるはずの水が凍っているので、しばらくは水を使えません。トイレ、台所、洗面所など、家中の水回りが使用不能となることも多いです。朝の冷え込みでこれが起こると、出勤や通学前の身だしなみを整えられず、非常に困ります。

・凍結による水道管の破裂に注意
水が出なくなるだけならまだあまり大きな問題ではありません。特に注意したいのは、凍結によって水道管が破裂することです。ペットボトルなどに水を一杯に入れてから凍らせると、内部の体積が広がり、容器が割れることはご存じでしょう。

それと同じことが水道管のなかで起きており、設備を破損させるのです。その直後は水が凍っているので、大きな亀裂ができても直ちに問題は起こりませんが、日が昇って温められて水に戻ると、その部位から溢れ出します。

・水道管破裂による水漏れは被害が大きい?
住宅の水回りで水漏れトラブルは珍しくないものの、激しく水が噴き出すようなものは稀です。しかし水道管の破裂は、大量の水が勢いよく流れている大元の管で起きることもあり、水漏れの程度が激しいです。

ホースで勢いよく水を撒いているときのように大量の水が噴き出し、しかも自然に止まることがありません。各ご家庭で必要なだけ水を使用できるよう、給水管からは常に水が送られ続けているので、そこに亀裂ができるといつまでも漏水するのです。大量の水が勢いよく住居の周辺設備を濡らし続け、甚大なダメージを与えるうえ、水道代も跳ね上がるので注意が必要です。

・水漏れによる水道代は自費?
水漏れによって増えた水道代は基本的に契約者が支払わねばならず、水道管の凍結による破損でも変わりません。大量の水が一定時間噴き出した直後は、普段はまず請求されない高額な水道料金になることがあります。それでも無条件で支払いを免除されることはなく、基本的には自費で対応せねばならないので、給水管の破損には十分にご注意ください。

なお、お住まいの地域によっては、漏水時には水道料金が一部減額されることがあるので、水道局まで一度相談するとよいでしょう。

水道管の凍結が起きたらどうすべき?

まず凍結により水が出ないことについては、実は何もしなくとも問題はありません。強い冷え込みで一時的に凍ったにすぎず、しばらく待てば気温が上がり、内部の氷が溶け、元通りに水を使えるようになります。

冬場の気温は低く、氷が溶けるのかと不安があるかもしれませんが、先述の通り、水道管の凍結マイナス4℃以下といったかなり強い冷え込みでなければ起きません。たとえ冬場でも昼間の気温でそう起きることではなく、太陽が昇ってしばらく待っていれば自然に氷が解け、水をまた使用できることがほとんどです。

・水漏れへの対処法
水道管の凍結からしばらくして水が漏れ始めると、総じて大きな被害が発生しがちなので、急いで水を止めましょう。止水栓を閉めると住居全体の水が止まり、そこから先の部分で起きている漏水を止められます。トイレやお風呂など住居全体の水回りをまた使用できなくなるものの、住居へのダメージや水道料金の高騰を最小限で食い止めるためにはやむを得ません。

ただ、水回りが使えなければ生活に支障をきたすので、早めに修理業者をお呼びください。なお、水道管の凍結が起きたとき、周辺地域でも同じような事態が続発しており、修理業者がすべて出払うことがあります。そうすると自宅を業者が訪問するまでに時間がかかるので、水道管凍結後の水漏れに気付いたら早めに連絡することが大切です。

冬場の水回りのトラブルもかごしま水道職人にご相談ください

かごしま水道職人は、鹿児島県の全域で営業している水道業者であり、さまざまな地域で活動してまいりました。鹿児島市、出水市、薩摩川内市、姶良市、伊佐市、出水市、日置市などをはじめ、ご相談があればどこの地域にも出張いたします。年中起こる水漏れや詰まりなどのトラブルのほか、冬季特有の問題にもしっかり対処するので、お困りのことがあればお気軽にご連絡ください。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315