【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » お風呂場でポタポタと垂れ続ける水の原因と対策

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂場でポタポタと垂れ続ける水の原因と対策

2021年09月09日 浴室の水漏れ


お風呂場からポタポタ水音

深夜、寝静まった頃に、どこからかポタポタと水が落ちる音がして初めて、家のどこかで水漏れしていることに気付く、ことは少なくありません。水漏れの原因が突発的な事故による場合や、悪化した状態ならば、漏れる水の量も多く被害も拡大するため気付くことができるでしょう。

しかし、水漏れの被害が比較的軽度である場合や、悪化する前段階では、普段の生活音に紛れてしまって、暫く気付かれないまま放置されてしまうことは珍しくありません。お風呂場のような、入浴時以外にはあまり出入りもしない限定的な場所なら特に、水漏れしていても気付きにくいのではないでしょうか。

気付いたころには、状態が悪化していることもあるでしょうし、微々たる量であってもそれが続けば、水道代に響きかねません。もしもお風呂場からポタポタと水が流れ続ける音がしたら、すぐに点検してみることをおすすめします。

水漏れかどうかを調べる

ポタポタと水が漏れているとはいっても、きちんとレバーを閉め切っていなかったためという場合ももちろんあります。まずはしっかりと閉め直してみて、水が止まるかどうかを確認しましょう。シャワーヘッドからの水漏れの場合、シャワーホースやシャワーヘッド内部に溜まっていた水が、レバーを閉めた後にも流れ出ることがあります。暫く待ってみて水が止まれば問題ありません。

しっかり閉め直した後も、水が流れ続けるというときは、水漏れを疑いましょう。水が流れている箇所がどこなのかを探って、水漏れの原因を突き止めます。入浴後や、浴室掃除後などで浴室全体が濡れている状態で、水漏れの正しい箇所が特定しにくいというときは、時間を空けて浴室が乾いてから点検を行うと良いでしょう。

シャワーから水漏れしていたら

シャワーからの水漏れの場合は、入浴中に気付くことも少なくありません。シャワーから出るお湯の向きに違和感を覚えたり、水量が変わったりしたことに気付く方もいるでしょう。なかには、突然シャワーヘッドの付け根から湯水が漏れ出して驚いた、という方もいるのではないでしょうか。

シャワーヘッドやシャワーホース、カランからシャワーホースにつながるエルボなどのパーツは、洗髪したり身体を流したり、掃除に使用されたりといった動作による負荷が非常に多くかけられているパーツといえます。その分、浴室内の他の箇所よりも劣化が激しく、水漏れや故障も起こりやすいといえるでしょう。

近頃では、手元でお湯の出し止めを行える便利なタイプのシャワーヘッドも数多く存在します。シャワーヘッド内部に水を遮断するパーツが取り付けられていて、シャワーヘッド内で水を堰き止めたり出したりといった動作を行うため、水圧による負荷が度重なり、シャワーヘッドにヒビが入ったり、出し止めを行うパーツが故障して動かなくなったりといった不具合が起こって、水漏れにつながるのです。

また、そうした日々の負荷に耐えきれずシャワーヘッドの付け根が破損するといったケースも少なくありません。他にも、シャワーホースが劣化により裂けてしまうことや、シャワーの内部にゴミや水垢が溜まってつまりを起こし、水漏れにつながるケースもあります。シャワーから水漏れが起こっている場合は、まずは入念にシャワーのパーツを調べてみましょう。

水漏れの原因を特定したら

シャワーから水漏れしていることが確認できたら、原因を解消しましょう。つまりが起こっている場合は、掃除をしてつまりの元を除去します。エルボや、シャワーヘッドとホースのつなぎ目などが緩んでいる場合は締め直し、パッキンの劣化によるのならばパッキンを新しいものと交換しましょう。

各パーツのパッキンは、型やメーカーによってサイズが異なります。ご自分で購入して交換する際は、あらかじめサイズを調べておいて間違わないようにしましょう。

シャワーヘッド本体にヒビや損傷が見られる場合には、シャワーヘッドごと新しいものと交換する必要があります。その際、新しく取り付けるものによってはエルボごと取り替えなければならない場合もありますので、こちらも購入前によく調べてください。

シャワーホースが破損している場合は、多少の間なら防水テープをぐるぐる巻きにすれば使用可能ですが、やはりいずれまた水が漏れてきます。無理に使用を続けず、なるべく早めに新しいものと交換すべきでしょう。交換や修理を行うときは、止水栓を閉めて完全に水を止めてから行うようにしてください。

シャワー以外からの水漏れ

シャワー関連からの水漏れではなく、カランから水漏れが起こっている場合も、内部のパーツに不具合が生じているか、つなぎ目などから水が漏れていることがほとんどです。しかしシャワーとは違って内部の点検を自力で行うのは難しいため、専門の業者に依頼した方が確実でしょう。

シャワーパーツを交換したけれどまだ水が漏れる、前よりも水漏れがひどくなったという場合は、新しいもののサイズが合っていないか、取り付けがうまくいっていないのかも知れません。その他にも、水漏れには思わぬ原因が潜んでいたりする場合がありますので、自力での修理や交換が不安で、確実な点検をしたいとお考えの方は、プロに依頼して適切な処置を受け、安心安全な入浴時間を取り戻しましょう。

水回りのことなら、かごしま水道職人にお任せください

かごしま水道職人は、鹿児島市をはじめ、霧島市、鹿屋市、薩摩川内市、姶良市、曽於郡、出水郡、姶良郡など鹿児島県全域で、水回りに関するあらゆるトラブルに対応しております。お風呂場に限らず、トイレや洗面所、キッチンなど、水回りでお困りのことがございましたらどんなことでも、ぜひお気軽にかごしま水道職人までご相談ください。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315