【水道局指定工事店】鹿児島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » どれを選べばいい?トイレ用洗剤の選び方

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

どれを選べばいい?トイレ用洗剤の選び方

2021年10月17日 トイレ


テレワークなどでおうち時間が増えた今、自宅でトイレを使用する回数も増えています。
ということは必然的に今まで以上にトイレが汚れる頻度も上がりますが、トイレ掃除は家の掃除の中でもできればやりたくない場所です。

ところで、今トイレ用の洗剤はマルチに使える特定の汚れに特化したものまで、さまざまな商品があるので、それらをうまく使えば力を入れることなく簡単にきれいにできます。

もし、今ゴシゴシ力を入れてもなかなかきれいにならないと感じているのであれば、汚れにあった洗剤を選んでいないのかもしれません。
簡単にきれいになればトイレ掃除もつらくなくなります。
そこで、今回はトイレ用洗剤の選び方をまとめました。

洗剤の選び方

ドラッグストアに行くとたくさん並んでいるトイレ用洗剤ですが、液性により中性、酸性、アルカリ性の3つに分類できます。
商品のパッケージに必ず記載されていますので、商品を購入する際は確認するようにしましょう。
この3つは得意分野が異なるので、特徴にあった使い方をする必要があります。


毎日の掃除には中性洗剤

トイレ用洗剤で最も種類が多いのが中性洗剤です。
中性洗剤には界面活性剤が入っており、浸透、乳化、分散の3つの作用で汚れを落とします。
そんな中性洗剤の特徴は酸性、アルカリ性の両方の性質を持つのでどちらの性質の汚れも落とせることです。
実は汚れにもアルカリ性の汚れ、酸性の汚れがあり、逆の性質の洗剤を使うと汚れを簡単に除去できます。

また、素材を傷めにくく、便器以外にも床や壁にもマルチに使えるため、毎日のお掃除に最適です。
ただし、さまざまな汚れに対応している分、頑固な汚れは苦手としています。
毎日のお掃除には中性洗剤を、なかなか落ちない場合は、酸性かアルカリ性の洗剤を使用しましょう。


尿石除去に効果絶大な酸性洗剤

酸性洗剤は塩酸やクエン酸を主成分としており、アルカリ性の汚れに対して強い効果を発揮します。
塩酸を主成分とするものの方が尿石や黄ばみの除去力が強めという特徴があり、クエン酸が主成分のものは塩酸よりも効果が優しい分、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使えます。

トイレのアルカリ性の汚れ代表といえば尿石と黄ばみです。
尿石も黄ばみも尿に含まれているカルシウムが石灰化したもので、見た目も不快なばかりでなく悪臭を放ち、さらに放置していると排水管の詰まりにもつながります。
尿石が付着してしまうと、中性洗剤をつけてブラシでこすってもなかなか落ちないため、非常に厄介な存在です。

しかも、便座の裏や便器のフチ、ウォシュレット等掃除がしにくい場所に付着します。
そんな厄介な汚れに威力を発揮するのが酸性洗剤、その中でも塩酸系の酸性洗剤です。

使用方法は簡単で、便器の水気を拭いた後に酸性洗剤を振りかけ、数分放置しブラシでこするだけです。
便器のふちなど洗剤が流れやすい場所にはトイレットペーパーをひいた後洗剤をかけることで、洗剤を浸透させられます。

ただ洗浄力が強い分、酸性の洗剤を使用する場合はいくつかの注意点があります。
まず、刺激も強いため、ゴム手袋やマスク等をして使用しましょう。
また、素材も溶かしてしまう恐れがあるため、金属製、大理石には使用できません。

次に、塩素系の成分と混ざると有毒ガスが発生するので、決して混ぜないでください。
最後に、微生物に影響を及ぼす恐れがあるため、浄化槽を備えるトイレでは用量に注意する必要があります。
浄化槽は下水道の敷かれていない地域で使われている設備ですので、該当の方は用量に注意しましょう。
使用方法を間違えなければトイレ掃除の最強の助っ人といえます。

いつもの掃除は中性洗剤で行い、いつの間にかできてしまっていた尿石や黄ばみには酸性洗剤を使用しましょう。


黒ずみができた場合はアルカリ性洗剤

便器の水面付近に黒いリング状の黒ずみを見たことはありませんか?
よく「さぼったリング」と呼ばれるこの黒ずみは、少しトイレ掃除をさぼってしまうとできてしまいます。

便器に付着する黒ずみはカビなどの微生物によってでき、さらに黒ずみを放置すると尿石や水垢汚れも加わり、より一層落ちにくい汚れとなります。
このような黒ずみにはまず、次亜塩素酸ナトリウムを主成分としたアルカリ性洗剤でカビが原因の黒ずみを落としましょう。

使い方は簡単で、黒ずみを覆うくらいにかけて2〜3分ほど放置し、水を流せば黒ずみはきれいに流せます。
注意点としては、酸性洗剤の時と同様、ゴム手袋やマスクを着用して使用すること、酸性洗剤と混ぜない事、浄化槽を備えるトイレでは使用量に注意することです。

もし、アルカリ性洗剤を使用してもなかなか黒ずみが落ちなければ、尿石や水垢も黒ずみとなってしまっています。
尿石と水垢には酸性洗剤が有効ですので、アルカリ性洗剤を洗い流した後、酸性洗剤を使用してみましょう。
このように頑固な汚れには、汚れの性質と逆の洗剤を使うことで、簡単にトイレをきれいにできます。


水回りでお困りの際はかごしま水道職人にご相談ください

鹿児島市、鹿屋市、霧島氏、薩摩川内市、阿久根市、肝付町、垂水市など、鹿児島県で対応しています。

トイレの水詰まり、水漏れ、給湯器トラブル等水回りでお困りの際はお気軽に相談ください。
24時間365日、水回りのプロがすぐに駆け付け対応します。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315