【水道局指定工事店】鹿児島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » トイレの節水で無駄なコストをカット!節水方法や便利な節水グッズのご紹介

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの節水で無駄なコストをカット!節水方法や便利な節水グッズのご紹介

2021年10月17日 トイレ


お住まいの地域により異なるところはありますが、2ヶ月に一度くる水道代の請求書を見て「高いな」と感じる方も多いのではないでしょうか。

家族が多くなればなるほど、水道の使用量はおのずと増えてきますので仕方がない部分もありますが、一人ひとりが少しずつ節水に心がけることで水道料金も変わってきます。

トイレの大小レバーを使い分け

ほとんどのトイレには、レバーが大小にわかれています。
一度に流れるトイレの水の量は、約6~8ℓとされており、大は8ℓ、小は6ℓです。
仮に、8ℓの水を流した場合、1回あたり約1.9円、小の場合は約1.4円の水道料金がかかってきます。

ぱっと見、ほんの少しの金額の差かもしれませんが、家族が増えトイレに行く回数が多くなればどうでしょうか。
全員が毎回大のみトイレの水を流していた時と、大と小を使い分けたときの水道料金の比較をしてみます。

まずは大のみの水道料金です(4人家族を想定)。
1ヶ月にかかる水道料金は約920円、1年で約11,000円になります。

では、大を一人1回、小を3回で想定してして計算してみましょう。
1ヶ月約750円、1年で約9,000円です。
これだけでも、1年で2,000円も水道料金に差が出ます。

もちろん、毎回、小で流せばさらに節約につながりますが、場合によっては流しきれずもう一度流すことになりかねませんので、大小を使い分けていくことが、水道代の節約につながるのです。


水洗トイレ節水器ロスカットを使ってみる

水洗トイレ節水器ロスカットは、その名の通り、トイレの水の量を調節し節約につなげてくれるグッズです。
トイレの水を流した際、最後に少しだけ水が流れるのを知っていますか?

水洗トイレ節水器ロスカットを使えば、トイレの水を流したり止めたりするための蓋が閉まるタイミングを早くなり、ダラダラと流れる水をカットできます。
トイレのタンク内には、ゴムフロートと呼ばれるものが浮いており、水を止めてくれる役割を担っています。

このゴムフロートを、水洗トイレ節水器ロスカットに交換するだけでいいのでとても簡単です。
ほぼ、どのメーカーのロータンク式のトイレに取り付けられます。
これといったメンテナンスをする必要がなく、壊れたりしない限りは半永久的に使えるというメリットがあるのも嬉しいところです。

ただ、既に節水型のトイレを使っていて、タンクが高い位置にあるトイレ、ボタンで水を流すタイプのトイレには使用できませんのでご注意ください。


トイレの節水リングもおすすめ

トイレのタンク内の鎖にリングを取り付けるだけで節約効果が期待できる節水リングは、ゴムフロートが早く閉まるのを手伝ってくれるグッズです。
節水リングを取り付けた後は、レバーを回している間のみ水が流れるようになるので、水の節約につながります。

ただ、節水リングを取り付けたときは、大と小を今まで以上にしっかりと使い分けていくことがより大切になります。
レバーを戻すと水が止まってしまうので、感覚をつかむまでに少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば難しいことはありません。

節水リングもほとんどメーカーのトイレのタンクに使用できますが、小レバーではトイレットペーパーが残ってしまうような水量のトイレは、つまりの原因となるので使用は控えたほうがいいでしょう。


ペットボトルをタンクに入れて節水する方法は危険

以前からトイレの節水の方法として、タンクの中にペットボトルを入れる方法があります。
タンクの水かさを増すことができ、それが節約につながるとされていますが、実はこの方法が仇となり、トイレの故障につながってしまうことがあるの注意が必要です。
トイレは大小のレバーがわかれている通り、排泄物をきちんと流すために、水量や勢いが計算されたタンクが使用されています。

つまり、計算されて作られているタンクに十分な水な水の量が確保できなくなれば、一度に流れる量が減りトイレ詰まりなどの原因になるのです。
節約のために取り入れた方法が、逆に故障を引き起こしてしまっては元も子もありませんので、ペットボトルをタンク内に入れる節水方法はおすすめできません。


節水は無理のない方法を選んで

毎日使うトイレだからこそ、節水できるに越したことはありません。
トイレのタンクは計算され、排泄物がきちんと流れるように作られています。

市販で購入できる節水グッズも、場合によっては故障してしまう可能性がないとは言い切れないのです。
使用する際は、使用方法をしっかりと守る、節約ばかりに気を取られるとつまりの原因となることを忘れないようにしましょう。


トイレのつまりやトラブルはかごしま水道職人へご相談ください

良かれと思ってトイレの節水をしたら故障してしまったなど、トイレのトラブルが起こった時は、かごしま水道職人をご用命ください。

ご連絡をいただければ、鹿児島市をはじめ、薩摩川内市、大島郡、姶良市、志布志市、いちき串木野市など鹿児島県で、24時間365日お伺いします。
お見積もりも無料、どうぞお気軽にご相談ください。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315