【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 気をつけて!トイレに流したら詰まる&危険なもの

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

気をつけて!トイレに流したら詰まる&危険なもの

2021年07月22日 トイレのトラブル


勢いよく流れるトイレを見ていると、何でも流してくれるような気になるかもしれません。しかしそれは錯覚です。トイレは流せるものが制限されており、それ以外のものを流すと詰まってしまいます。詰まるだけならともかく、場合によってはトイレの破損や危険な事態を招いてしまうことも。トイレに流せるもの、流せないものについてチェックしましょう。

大きく分けて3つだけ!トイレに流して良いものとは

トイレに流して良いものは、「水で流れれば何でも良い」というわけではありません。流して良いとされるものは大きく分けると3つしかなく、条件としては「排水管を詰まらせにくい」「自然環境や下水に悪い影響がない」というものがあります。その条件を考えると、以下のものがトイレに流せます。

・排泄物
・トイレットペーパー
・トイレクリーナー(お掃除シート)※ただし水溶性に限る

排泄物はほとんどの自治体で人間のものだけです。ペットの糞は自治体ごとに規約が違います。流して良いとする自治体はそのまま、流してはいけないとなっているのであれば可燃物として処理しましょう。

トイレットペーパーは水に溶ける物質でできているため、使用後はそのまま流せます。ただし大量に流すと水に溶ける前に詰まってしまうので、適量を流してください。万一詰まってしまったら、しばらく放置して溶けるのを待ちましょう。

クリーナーシートは、水溶性のものなら流せます。最近のトイレ掃除には欠かせない便利なアイテムですね。流して手軽に処分できるのも嬉しいポイントです。ただ、やはりトイレットペーパーと同様、大量に流すと詰まってしまいます。

また、クリーナーシートは「もともと流さないほうが良い」という声もあります。トイレットペーパーよりは詰まりやすい性質になっていますので、少量だけを流すようにしましょう。ゴミの日に出すのは問題ないため、詰まりの心配があるなら流さずに可燃物として処理すると安心です。

流すと詰まる!トイレに流してはいけないものとは

「トイレに流せそう」と思っても、流してはいけないものがあります。むしろ前述の3種類以外は、流さないほうが無難かもしれません。

・ティッシュペーパー
・生理用ナプキンをはじめとした生理用品
・おむつやおしりふき
・ペットシート
・ハンカチ(布)
・ライター

ティッシュペーパーは水に溶けません。トイレットペーパーが切れたときについ使って流したくなりそうですが、詰まりの原因になるので可燃物として処理してください。生理用品もNGです。ほぼ必ず詰まると考えて差し支えありません。

おむつやおしりふきは付着した排泄物を流すだけなら構わないのですが、本体を流すと詰まります。とくにおむつは水分の吸収力が高く、うまく便器から流れて行ったとしても、排水管の中で水を吸って膨れ上がり、結局は詰まりの原因になります。ペットシート、ハンカチも詰まります。排水路を完全に塞いでしまうこともありますので、必ず可燃物として取り扱いましょう。

ライターはうっかり落としてしまうことが多いアイテムです。ポケットの中に入れたものがポチャンと…というケースもあるでしょう。硬いライターは便器の排水口や排水管を傷付け、破損の原因になります。破損するとそこから水漏れが起きてしまい、水道修理業者を呼ぶことになってしまいますので、トイレに入るときには落下に注意しましょう。

最悪は事故にも!【絶対に】流してはいけないもの

流してしまうと環境汚染や事故に繋がるものがあります。絶対に流さず、適切な処理方法で処分してください。

・薬
・ガソリンやシンナーのような揮発性の高い燃料・薬剤

薬が環境汚染に結び付くことは、近年問題視されています。余った薬をトイレに流して処分すると、下水処理場でも薬の成分を処理しきれず、放出した先の土壌に染み込んでしまうのです。環境汚染や生態系のバランスに悪影響を及ぼしてしまうため、薬をトイレに流すのはやめましょう。

不要になったガソリンやシンナーも流してはいけません。揮発性が高い燃料や薬剤です。水に溶けず、そのまま下水処理場へ流れて行きます。最悪の場合は火災が発生し、下水処理場の機能や働く人々が大きな危険にさらされることにも繋がりかねません。

古くなったガソリンはガソリンスタンドで引き取ってもらえます。対応しているスタンド、していないスタンドがありますが、まずは最寄りのスタンドに問い合わせをしてみてください。大手のスタンドなら大抵は無料で引き取り処分をしてくれます。シンナーをはじめ、同様の性質の薬剤は自治体の公式ホームページで処理方法を確認することができます。

トイレの詰まりも迅速解決!水道修理業者をお呼びください

かごしま水道職人は、薩摩河内市、霧島市、姶良市、日置市、南九州市、南さつま市をはじめ、鹿児島県の広い地域に拠点を持つ水道修理業者です。地域密着の経営を目指し、誠実・迅速な対応を心がけております。24時間365日いつでも受付可能、お電話1本頂ければ年中無休で駆け付けます。水回りのトラブルでお困りの際にはぜひご用命ください。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315