【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » トイレの異物落下は詰まりの原因!落としたときにするべきこと

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの異物落下は詰まりの原因!落としたときにするべきこと

2021年08月11日 トイレのトラブル


トイレの水漏れは絶対に嫌なものです。原因は排水管の詰まりや破損が多く、できれば防ぎたいところですよね。とくに排水管の詰まりは自分でも回避しやすい原因です。常日頃からトイレに流すものや落下物に気を付けると、詰まりの確率を低くすることができます。

トイレに流せるのは厳密に言って3種類のみ

トイレに何でも流してしまいたくなる人はいませんか?もしそんな癖があるのなら、早急にやめるようにしましょう。トイレは何でも流して良いのではなく、実際には3種類のものしか流してはいけないのです。

流して良いものとしては、トイレットペーパーやお掃除用のクリーナーシート、人間の排泄物です。クリーナーシートは水溶性の素材でできているものに限ります。のっぴきならない理由で、どうしてもトイレにほかのものを流してしまう(吐瀉物や汚物)かもしれませんが、可能であればそれもトイレではなく可燃物として、ゴミの日に出すべきだとされています。

3種類に限定されているのは、トイレの排水管へのダメージ防止(詰まり・破損防止)、自然環境への悪影響防止、下水処理場の処理能力の問題などが関わります。このなかでも、個人にとってもっとも関わるのは排水管へのダメージでしょう。排水管に蓄積されたダメージが破損を起こして水漏れを起こしてしまう可能性がありますし、衛生的にも大問題です。

とくに最近は、トイレにスマホやガラケーといった携帯電話を持ち込み、落下させてしまうケースも増えています。拾い上げることができずにそのまま流れてしまうことも少なくありません。しかし携帯電話は硬い材質でできており、流れている途中に排水管にぶつかってダメージを与えてしまいます。携帯電話に限らず、硬い材質のものは排水管を傷付けます。ボールペンや家の鍵なども同様です。

また、それ以外のものでも詰まりの原因になるようなものは流さないほうが良いでしょう。ティッシュやハンカチ、生ゴミなどは排水管を塞ぎ、詰まりの原因になってしまいます。詰まっていることに気付かず、水を流したら逆流して便器から汚水が溢れてしまった…という悲劇に繋がりかねません。

このような事態になると、メンタルも時間も削られます。衛生面でも心配です。被害を回避するには、できるだけ「流して良いもの」だけを流すことや、万一便器に何かを落としてしまったときには可能な限り拾い上げるなど、守れそうなルールを守るように心掛けるのが大切です。

ものを落としたときの対処方法は?

便器にものを落としてしまったときは、何より「落ち着け」と自分に言い聞かせましょう。大切なものだと慌ててしまいがちですが、慌てるとあまり良い結果に繋がりません。

1.水を流さないように注意する
落としたものが下水に流れていかないよう、まずは水を流さないことが第一です。「給水タンクのレバーに触らない」「(自動洗浄なら)便器から離れる前に電源を切る」「できれば給水栓を閉める」など、トイレのタイプに合わせた対応をおこないましょう。

給水栓は無理に閉める必要はありませんが、万一のことを考えると閉めておいたほうが安心です。手で簡単に閉められるもの、ドライバーのような工具を用いて閉めるものに分かれています。タイプ別に対処しましょう。流される心配がなくなったのなら、拾い上げる作業に入りましょう。もしも衛生面の問題でやりたくない、自分にはできそうもないという場合には、この時点で水道修理業者への依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

2.静かに手を入れて拾い上げる
落としたものが排水口の底に沈んでいる状態、もしくは多少奥に入っているようでも見えるという状態なら、手で拾い上げることができます。ゴム手袋を用意しましょう。水を揺らすとせっかくその場で止まっているものが奥に流れて行ってしまう可能性がありますので、水に手を入れるときには静かに入れます。

無事に拾い上げられたら除菌をして乾かしましょう。拾い上げたものがスマホやガラケーのような電子機器なら、水が乾くまで操作を控えたほうが安心です。操作の衝撃で内部で水が浸みていなかった部分にも浸みてしまい、故障の原因になってしまう可能性があります。

3.便器内に見えないときには
落としたものが排水口の奥まで入ってしまい、便器内に見えなくなってしまうこともあります。しかし排水口にまだ近い部分にあるようなら、やはり手で拾い上げられるかもしれません。静かに手を入れて指先に落としたものが触れたら、丁寧に引っ張ってみましょう。それで引っかかりがなく取れるようなら拾い上げ、除菌をします。しかし引っ張ったときにどこかに引っかかるような感触があれば、無理に引っ張るのは厳禁です。周囲を傷付けてしまうおそれがあります。

4.取れない場合にはラバーカップを
どうしても手で取れない場合には、ラバーカップを使ってみると効果が期待できます。異物での詰まりの解消のときと同様、圧力と吸引力で落としたものを浮かび上がらせます。

トイレの詰まりもすぐ解消!プロの水道修理業者にご連絡を

かごしま水道職人は、鹿児島市、出水市、薩摩川内市、曽於郡、出水郡、姶良郡など、鹿児島県の広域に出張対応可能な水道修理業者です。トイレの詰まりや落下物もお任せください。24時間いつでもご連絡と受付が可能です。現場へ迅速に駆け付け、お客様の水回りのお悩みを解決いたします。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315