【水道局指定工事店】鹿児島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 水が出ない!トイレの手洗い管で困ったときの対処方法

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水が出ない!トイレの手洗い管で困ったときの対処方法

2021年09月25日 トイレのトラブル


最近はタンクレスで手洗い管がないトイレも増えていますが、それでも給水タンクと手洗い管の人気はまだまだ衰えません。
その手洗い管から水が出なくなったとき、「故障かも?」と慌ててしまいます。

実は手洗い管本体が故障することはあまりなく、別の部分の不具合が影響していることがほとんどです。
手洗い管から水が出なくなったとき、チェックしたい部分をご紹介します。

手洗い管から水が出ないときにはどこを見る?

トイレの水を流しても手洗い管から水が出ないときには、次の部分をチェックしてみましょう。
中にはそれほど難しくなく、自分で解決できる原因もあります。

1.止水栓は?
トイレの止水栓が閉まっていませんか?
止水栓が閉まっていると、当然ですが給水タンクに水が入りません。
手洗い管から水が出ないのも当然です。

止水栓が閉まっていたら開き、再度給水タンクのレバーを引いてみましょう。
それで通常通り水が流れるのなら、手洗い管からも水が出ているはずです。

止水栓を閉じていれば開いて水が出れば、問題解決です。

2.ボールタップは?
次に給水タンクの中の部品をチェックしましょう。
ボールタップという部品の状態が鍵になります。
このボールタップは手洗い管に水を供給する役割を果たしていますので、不具合や故障があれば手洗い管から水が出なくなってしまいます。

まず、正しい位置にあるかどうかを見てみます。
もしもずれているようであれば直しておきましょう。
それで水が出れば良いのですが、出ない場合には故障の可能性を考えます。

ボールタップが繋がっているじゃばらホースを1度取り外してください。
それから水を流してみます。
もしもボールタップが故障していれば給水されなかったり、水が流れない状態になります。

3.浮きゴムは?
浮きゴムはボールタップと繋がっている部品の1つです。
給水タンクの給水弁を動かすはたらきをしているため、この浮きゴムが故障していると給水弁が正常に動かず、通常のトイレの水流や手洗い管の水に影響が出ます。

もしもボールタップが故障していなかったのなら、浮きゴムの故障が疑われます。

4.ダイヤフラムは?
給水タンクのタイプにもよるのですが、ダイヤフラムという部品がついているものがあります。
簡単にいうと給水タンク内の水圧をコントロールする部品です。
このダイヤフラムが故障すると水が出なくなります。

故障かどうかは、ダイヤフラムについているゴムパッキンを確認することによって分かります。
ダイヤフラムの不具合は大抵ゴムパッキンが古くなったときに起こるためです。
ゴムパッキンが古いと感じたら、新しい部品に交換しましょう。

5.じゃばらホースは?
水を供給するじゃばらホースが原因になることも。
穴が空いている、折れている…というようなことがあれば、水が出なくなってしまいます。

6.フィルターは?
手洗い管の内部にはフィルターが装着されていることがあります。
このフィルターがゴミや汚れ、水道水のカルキ成分が固まったことによって目詰まりを起こしてしまうケースも。

もし目詰まりなら、いらない歯ブラシ、爪楊枝など、細かい部分の掃除ができるもので綺麗に異物を取り除きましょう。


代表的な部品の交換方法

ボールタップをはじめ、浮きゴム、ダイヤフラムなど、給水タンク内部の部品の交換方法をご紹介します。
自分でもできる作業ですが、難易度が高いと感じたら、水道修理業者の手配を考えるのも良い選択でしょう。

1.ボールタップおよび浮きゴムの交換
ボールタップと浮きゴムは接続しているので、ここでは一緒にご説明します。

作業の始めには、まず止水栓をしっかりと閉めてください。
それから給水タンクのレバーを引いて水を流します。
これでタンクの内部はカラになり、レバーを引いても水が出ることはありません。
部品交換の作業がしやすくなります。

給水タンクのふた、そして内部のカバーを取り外し、ボールタップと浮きゴムを取り外してください。
このとき、2つを接続しているナットを外す必要があるため、先にレンチやスパナを用意しておきましょう。
そのあと古いものを新品と交換します。
止水栓を開けて水を流し、問題なく手洗い管から水が出れば交換完了です。

2.ダイヤフラムの交換は1度浮きゴムを外してから
ダイヤフラムの交換方法も、基本的にボールタップと浮きゴムと同じ流れです。
ただ、給水タンクの構造の関係で、1度浮きゴムを外し必要があります。

タンク内の水を抜いたら浮きゴムを外してください。
そのあとはダイヤフラムを新品に取り替えて完了です。
やはり止水栓を開けて水を流し、手洗い管から水が出るかどうかを確認しましょう。


手洗い管に不具合が?プロの水道修理業者がお直しします

かごしま水道職人は、鹿児島市、鹿屋市、出水市、阿久根市、枕崎市、薩摩郡など、鹿児島県内で多くの地域へ主張対応可能です。

プロの水道修理業者として確実な技術をご提供します。
お見積もりは無料、いつでもスピーディーに現場へうかがいます。
手洗い管をはじめ、水回りのトラブルなら何でもご相談ください。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315