【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » トイレが詰まったらすべきことは?困った事態に備えましょう

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレが詰まったらすべきことは?困った事態に備えましょう

2021年08月25日 トイレのトラブル


トイレの水の流れが悪いことに気が付いたらどうしますか?まだ一応流れるからといって、そのまま放っておくのは、実はあまり得策ではありません。早めに対応するのが、事態をこれ以上悪化させないためのカギです。今回は、トイレの調子が悪いときの対処方法をまとめてみました。

トイレの詰まりの原因を突き止める

トイレの水の流れがよくないときは、詰まりの原因を突き止めることから始めましょう。さまざまな要因がトイレの詰まりを引き起こしますが、まず挙げられるのが本来は流せない固形物を流してしまった場合でしょう。

ポケットの中のスマートフォンやペン、腰に貼っていたカイロなどを落とすケースです。ご自分でも気が付かないうちに落としていることもあるので、なくしたものがないか、よく確かめてみましょう。大人が気付かないうちに、子どもが遊び道具を落としていたという事例も見られます。

もし、便器にものを落として流す前に気が付いたら、そのまま流すのは絶対にやめてください。便器の中に手を入れて拾うのは抵抗があるでしょうが、詰まらせて最悪の事態になるよりは、ずっとましです。

おむつや生理用品も流してはいけません。中に入っている吸水ポリマーが膨張して、詰まりを引き起こします。何となく流せそうなイメージがありますが、ティッシュペーパーも水に溶けないので、決して流さないようにしましょう。

上に挙げたようなものを流した事実はないという場合も、一度にたくさんのものを流しませんでしたか?トイレットペーパーや除菌シートは水に溶けますが、一気に流そうとすると詰まる可能性があります。除菌シートは必ず1枚ずつ、様子を見ながら徐々に流していくと安心です。この他、大量の排泄物も詰まることがありますが、時間をおけばふやけて流れるようになることが多いのでご安心ください。

トイレの詰まりの原因別対処方法は?

・本来流してはいけない固形物だったら
まずはトイレの止水栓を閉めましょう。それから、便器内の水をバケツや灯油ポンプなどを使ってできるだけ抜きます。ゴム手袋をはめてから、便器の中に手を入れて詰まっているものを掻き出してください。排水管の手前の方で引っ掛かっていれば、簡単に取れると思います。

このとき、手を入れたくないからと棒や火ばさみなどを使ってしまうと、ますます奥に入って取れなくなってしまうおそれがあります。それでも無理して取ろうとすると、トイレが破損してしまい、便器の交換が必要になる可能性もないとは言えません。頑張っても自力で取れないと判断したら、早めに専門業者に連絡して来てもらいましょう。

・トイレットペーパーや排泄物の場合は?
水にふやけて流れる可能性があるので、少しそのままにしてみましょう。それでもダメな場合は、お試しいただきたい方法がいくつかあります。

特別な道具がいらず、どなたにもできる簡単なやり方は、便器にぬるま湯を流すことです。水に溶けるものは水よりも熱いお湯に溶けやすい性質を利用していますが、熱湯を流してはいけません。熱湯は便器を傷める原因になるので、お風呂の温度か少し熱いくらいにしておきましょう。

それでもダメな場合は、ラバーカップの登場です。大抵の場合は、これで解消されると考えられます。真空パイプクリーナーは、さらに強力な水圧で詰まりを押し出す道具です。使い方は、ラバーカップとほとんど変わりません。ラバーカップよりはお値段が張りますが、お試しいただく価値は十分にあるでしょう。

それでも効果がない場合は、ワイヤーブラシで排水管を掃除すると解消されるかもしれません。しかし、ワイヤーブラシは使い慣れない方にとっては扱いが難しく、かえって逆効果な場合もあります。とくに初めて使う場合ですと、うまくいかないことも少なくないので、その点を念頭においてお使いください。

専門業者に頼んだときに費用はどれくらいかかるの?

業者に来てもらうとき、費用が気になる方が多いのではないでしょうか。中には悪質なぼったくり業者も存在するので、そのような業者は避けなければなりません。しかし、懇意にしている水道業者がいるという方はあまりいらっしゃらないと思います。良心的な業者を選ぶには、費用の相場を知っておく必要があるでしょう。

まず、便器から排水管までの間の軽微なつまりであれば、出張費用と基本料金の中で収まることがほとんどです。合わせて1万円程度、高くても1万数千円程度だと予想されます。しかし、排水管の奥で詰まっている場合は、もう少し料金が割り増しになります。

心配であれば、数社から見積もりを取って比較するとよいでしょう。ほとんどの業者が見積もりだけであれば無料です。電話対応や作業員の態度も、信頼できる業者かどうか見分けるポイントになるでしょう。

あまり例は多くありませんが、長年の使用により排水管に蓄積した尿石も、詰まりを引き起こすことがあります。排水管に蓄積した尿石は、一般家庭で用意できるものではなかなか落とせません。業者に依頼すれば、このようなものも一発でスッキリきれいにできます。

トイレの詰まりなど水回りのトラブルでお困りの方はかごしま水道職人まで

かごしま水道職人は、鹿児島市を中心とした鹿屋市、霧島市、薩摩川内市、阿久根市、肝属郡肝付町など鹿児島県全域で、さまざまな水トラブルに対応しています。水回りでお困りの方はぜひかごしま水道職人にご一報ください。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315