【水道局指定工事店】鹿児島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » トイレの水漏れ原因は?結露や部品破損の可能性をチェックする

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水漏れ原因は?結露や部品破損の可能性をチェックする

2021年09月25日 トイレの水漏れ


気温が上がる時期にはトイレの中もうんざりするほど暑くなります。
湿度も上がり、汗をかいてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、トイレの湿気が原因ではないような濡れかたをしていると、水漏れではないかと思うかもしれません。
気が付くと便器や給水タンクに水滴が出て、その周辺が濡れてしまっていることはありませんか?
調べても水漏れの様子がないようであれば、トイレで結露が起きているのです。

暑い時期にはトイレでも結露が起こります。
放っておくと少々厄介なことになりかねませんので、その原因と対処方法をチェックしましょう。

夏場はトイレの結露に注意

トイレの便器本体や給水タンクの外側に水滴が出ているのは結露です。
結露は冬に起こるイメージがあるかもしれませんが、内外の気温差があれば夏でも起こります。

便器の内部や給水タンクの中はつねに水がたくわえられています。
トイレのたびにすぐに使える状態にするためです。この状態だと便器・給水タンクはいつも冷えています。

いっぽうで、トイレの室温が上がる暑い時期、便器や給水タンクと気温差が生じています。
結露は温度差によって発生するので、これが理由でトイレでの結露が起こってしまうのです。

トイレの結露はたいしたことではないと思う人もいるかもしれませんが、冬場の結露を思い出してみてください。
窓から垂れる結露の水滴を拭き取らないと、周囲がびしょ濡れになって大変ではありませんか?

トイレの結露も同様です。
トイレの結露は周囲の床に流れ、便器と床の間や床材、壁付近に黒カビを生やしてしまう原因になります。
濡れた部分にホコリやゴミが溜まり、衛生状態もどんどん悪くなってしまうでしょう。
そのため、トイレの結露はできるだけ起こさないようにしたほうが良いのです。


トイレの結露はどう防ぐべき?

トイレの結露は年式が古いトイレで起こりやすくなっています。
新しいトイレでも条件が揃えば結露になりますが、それでも古いトイレよりは起こりにくい傾向です。
最近主流のトイレは最初から結露防止の機能が備えられていることも珍しくありません。

給水タンクに防露材が入っている、便器や給水タンクに防露効果のあるコーキングをしているなど、結露対策が標準搭載されています。

古いトイレはその結露対策がされていなかったり、防露コーキングが経年で効果を失っていることが原因で結露が起きてしまいがちです
こうなると結露のたびに小まめに水滴を拭き取る、できるだけ温度差を防ぐという対応が必要になりますが、なかなか難しい作業です。

とくに温度差のコントロールはかなり難しいでしょう。
給水タンクの中に防露材を入れる、防露コーキングをするという手段が有効ですが、年式の古いトイレなら、いっそリフォームを視野に入れるのも良い方法です。

「リフォームは予算が…」と思い悩む人もいそうですが、実はトイレのリフォームには自治体から補助金が出るケースがあります。

・介護保険を使ったバリアフリー化のリフォーム
・節水効果が高いトイレへのリフォーム

介護保険が使え、バリアフリー化を必要とする家族がいるご家庭なら、介護保険を使ったリフォームが可能です。
また、介護保険は関係なく、節水効果が高いトイレへのリフォームにも補助金が出ます。

節水効果が高いトイレは年式が新しい製品です。
防露効果が最初から備えられているタイプも珍しくありません。
業者に相談し、防露効果と節水効果を両立できるトイレを探してみてはいかがでしょうか。


これは水漏れ?結露以外で周囲が濡れていたら

結露以外でも、水漏れがあれば当然トイレの床や周辺が濡れてしまいます。
この場合は水漏れ箇所の修理や交換が必要になります。

水漏れが起こりやすい原因としては、給水管や排水管の破損、給水タンクに入っているボールタップやオーバーフロー管の劣化や故障が考えられます。
点検し、必要であれば部品交換をおこないましょう。
水道修理業者に依頼したり、またはDIYで対処することもできます。

また、水漏れの原因の意外なものとしては便器のヒビがあります。
便器は丈夫で耐用年数が長いのですが、衝撃を加えれば欠けたりヒビが入ってしまいます。
場所によっては水漏れが起き、不衛生で危険な環境になりかねません。

便器のヒビが原因の水漏れは、自力での対処は難しいと考えられます。
便器全体の交換が必要になるケースもありますので、まずは水道修理業者に点検を依頼してみてください。

便器全体の交換はやはり費用がかかりますが、前述の補助金が使えることもあります。
自治体ごとに手続きや申請タイミングが違いますので、必ず事前にチェックしてください。


トイレの水漏れは対処必須!水道修理業者に早めのご連絡を

かごしま水道職人は、鹿児島市、鹿屋市、薩摩川内市、姶良市など、鹿児島県の広いエリアで水回りのトラブルを解決します。

24時間365日いつでも受付可能、迅速に現場へおうかがいします。
トイレの水漏れや緊急トラブルなど、水回りのお悩みはどんなことでもご相談ください。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315