【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » パイプクリーナーはどういうのを選べばいいのか?お風呂場の詰まりに効果的なパイプクリーナーの選び方!

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

パイプクリーナーはどういうのを選べばいいのか?お風呂場の詰まりに効果的なパイプクリーナーの選び方!

2021年01月31日 つまりのトラブル
鹿児島県_11

パイプクリーナーは、排水管の詰まりを解消したいまたは予防したいという時に便利です。
各社が様々な製品を販売しているため、沢山の種類があります。それぞれ特徴がありますので、どれを選べばいいか悩んでしまうことも多いのではないでしょうか?

そこでここでは、お風呂場で使うパイプクリーナーを選ぶ時に注目してほしいことを解説しますので、選ぶ時の参考にしてください。

パイプクリーナーのとは

パイプクリーナーは、排水管の掃除をする専用の洗剤で、基本的に刺激の強い成分が入っているので取り扱いには十分注意が必要です。液体・錠剤・顆粒・フレーク状などのタイプがあり、状況によって使い分ける必要があります。

トイレ用のパイプクリーナーは尿石を溶かすために酸性である場合がありますが、その他のパイプクリーナーはアルカリ性か塩素系であることがほとんどです。


お風呂場にはどのタイプのパイプクリーナーが適しているのか?

お風呂場の詰まりは、ほとんどの場合髪の毛や油汚れなどの酸性の汚れが原因です。酸性の汚れはアルカリ性の洗剤が適していますので、お風呂に使用するときはアルカリ性か塩素系のパイプクリーナーを選ぶようにしましょう。

また、液体・錠剤・顆粒・フレーク状などのタイプがありますがどのタイプでも一定の効果があります。液体以外のタイプは水と反応し発泡するため、汚れを落とす成分だけではなく泡の力も利用することができるものが多いです。完全に詰まっている場合は、発泡する物の方が効果が高いでしょう。

予防として使用する場合は、固形のパイプクリーナーだとトラップ部分まで落ちてしまい排水管全体にいきわたらないことがあります。液体であれば排水管の壁に沿って流れてくれますので、予防では液体の方が効果も高い場合が多いです。


パイプクリーナーを選ぶ時はどのようなことを確認すればいいのか?

パイプクリーナーを選ぶ時は、いくつかの選定基準があります。お風呂場の詰まりに使用する時は、髪の毛と油汚れをより溶かしてくれる物を選ぶことが重要です。
どのようなことに注目した方がよいのかを解説します。

【水酸化ナトリウムの濃度】
水酸化ナトリウムは、パイプクリーナーの主成分で、油の分解する効果が高い成分です。お風呂場の詰まりで一番原因となる油汚れを分解することができますので、水酸化ナトリウムの濃度が高いほど、洗浄力が高いと言えるでしょう。

容器の裏面に記載されている成分表を確認し、水酸化ナトリウムの濃度が高いものを選ぶといいです。予防であれば1%程度で問題はありませんが、詰まりの解消に使用するのであれば1%以上の高濃度のタイプを選んだ方がいいでしょう。

【次亜塩素酸ナトリウムの濃度】
次亜塩素酸ナトリウムは、パイプクリーナーの成分で水酸化ナトリウムの次に重要となる成分です。新型コロナウイルスが流行してから、アルコールに代わる消毒液として注目されました。

タンパク質を分解する効果があるため、お風呂場の詰まりの大きな原因である髪の毛を溶かすことができます。殺菌効果も高いため、雑菌対策にもなるでしょう。

水酸化ナトリウムと次亜塩素酸ナトリウムの濃度が高いパイプクリーナーが、お風呂場の使用に適しているということになります。

【微生物配合のパイプクリーナー】
水酸化ナトリウムや次亜塩素酸ナトリウムが含まれていないタイプのパイプクリーナーも販売されています。微生物の力を使って排水管の掃除をするというタイプです。

水酸化ナトリウムと次亜塩素酸ナトリウムは刺激性が高く、皮膚に付着すると荒れたりただれたりすることがあります。そのため、安全性の高いものを利用したいということであれば、微生物を使ったパイプクリーナーを使うといいでしょう。

しかし、油や髪の毛を分解する能力が低いため詰まりの解消には適していません。ヌメリ汚れや悪臭の予防する目的として、使用する方がいいでしょう。

【粘度】
液体タイプのパイプクリーナーを選ぶ時は粘度が重要となってきます。
粘度が低い物だと、排水管の内側に長く留まれずに流れていってしまいますが、粘度が高いと長く留まるため、その分洗浄力が上がります。

製品によっては、Pa・s(パスカル秒)という単位で粘度が示されていることがあります。数値が高いほど粘度が高いため、表示されている時は数値が高いものを選ぶようにしましょう。

パイプクリーナーの中でも有名なパイプユニッシュは800mPa・s、パイプユニッシュプロが1500mPa・sという数値で公表されていますので比較してみてください。


水のトラブルはかごしま水道職人にご相談ください

水酸化ナトリウムの濃度・次亜塩素酸ナトリウムの濃度・粘度などに注目をして選ぶと、パイプクリーナー選びに失敗することはないでしょう。パイプクリーナーで詰まりが解消できなかった場合は、プロである業者に相談してください。

かごしま水道職人はこれまで、鹿児島市・霧島市・薩摩川内市をはじめ、鹿児島県全域の水のトラブルを解決してきました。実績が多いため安心して相談いただけます。鹿児島県の水のトラブルは是非かごしま水道職人にご相談ください。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315