【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 給湯器から水がポタポタ!これって故障?

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器から水がポタポタ!これって故障?

2021年04月30日 給湯器の水漏れ


ガス給湯器からのポタポタ水漏れの原因

ガス給湯器の下が濡れている、よく見るとポタポタと水漏れがしているというときは放置せずすぐに確認しましょう。故障の可能性はありますが、ガス給湯器についている「水抜き栓」という部品から水が滴っている程度なら、機能として正常な場合もあります。

給湯器のモデルにもよるので一概に言えませんが、凍結予防のための水抜きが自動的におこなわれる場合、機能として問題はありません。また減圧のための水抜きは、長期間ガス給湯器を使用していないときに給湯器内部の圧が高まってしまわないようにおこなわれるもので、しばらく使用していないことがわかっているならその可能性もあるでしょう。

とは言え、いつまでも水が出ている、もしくは水量があまりに多いという場合、たとえ水抜き栓からの水漏れでも修理が必要だと考えたほうがよいでしょう。まずは給水栓を閉めて水の大元を閉じ、コンセントプラグを抜いて専門業者に連絡してください。

凍結による水漏れ

故障による給湯器の水漏れで多いのは凍結です。住居が寒冷地ではなく、給湯器に凍結予防機能が備わっているという場合、自分には関係ないと考えがちですが実はそうではありません。近年特に増えているのが寒冷地以外の給湯器の凍結トラブルで、普段温暖な地域での強い寒波が原因で、配管が凍結し破裂する事態が起こっています。

給湯器に凍結予防機能がついているのになぜ?と感じるかもしれませんが、本体の凍結予防が効果を及ぼすのはあくまで本体のみです。配管は本体の外側から伸びており基本的に外気にさらされやすい環境にあるため、配管内の水分が凍結し、膨張することで管が破損する恐れがあります。しかもこうした破損が発覚するのは春先で、冬は氷が穴をふさいでいるので気付けません。少し気温が上がってきて暖かくなってきたというときにいきなり水漏れが起こっても、恐らく凍結のせいだとは考えないでしょう。

接続されている配管まで凍結を防止する機能はありませんので、比較的温暖な地域でも配管部分を保護しておくとよいでしょう。凍結で水漏れしやすい箇所は本体と配管の接続部分や給水配管ですので、パッキンなど自力で保護するのがおすすめです。

経年劣化による水漏れ

凍結ではない場合、ガス給湯器本体の経年劣化、配管やパッキンの経年劣化が原因となることも少なくありません。ガス給湯器本体は耐用年数10年前後ですが、もちろん使われ方や設置環境によって大きく差が出るため、あくまで年数は目安として考えましょう。壊れた箇所をDIYで直せないかと考える人もいますが、給湯器の場合はパーツの取り換えなど自力でおこなうことはできません。

そもそも給湯器の修理交換などは、液化石油ガス設備士やガス機器設置スペシャリストといった複数の資格が必要で、無資格で作業をすると国から罰せられます。それはガス給湯器の中にバーナーがあり、一酸化炭素という非常に強力な毒性のあるガスが発生する危険があるためです。

一酸化炭素はガスが不完全燃焼したときに発生し、誰も気付かないうちに一箇所に溜まり生命の危険につながりますので、とても厳重な資格があるのです。とても身近で便利な設備ではありますが、給湯器は十分注意をして取り扱わなければならないことをあらためて意識しましょう。

給湯器を修理する場合の相場は

給湯器の水漏れを修理する場合、水漏れが起こっている原因や箇所、状況によって修理代は変動します。一概に言えませんが、一番軽度な劣化部品の交換などであれば、相場はおおむね1~2万円程度で済むのが一般的でしょう。

まずは専門スタッフが現場に駆け付け、状況をしっかり見たうえで適正な見積もりを提示することが大切です。本体交換が余儀なくされる場合には本体価格と工事費用を含めて10万~20万円ほどになることが予想されますので、やはり日頃からこまめなメンテナンスをおこない、少しでも寿命を延ばしたいところです。

給湯器の水漏れに気付いたら

まず給湯器から水漏れしているのに気付いたら、応急処置をしましょう。とは言っても自分で直すという意味ではありません。まず給湯器の使用を中止するため、リモコンパネルなどをオフにして完全に止めてください。給湯器本体の電源も落とし、止水栓やガス栓を閉めて電源プラグを抜いておくとよいでしょう。止水栓やガス栓などが分からないなら無理に触らず、もっと大元を閉じてしまうのが一番です。

もしブレーカーが単独でついていて、場所がわかっているならブレーカーも落としておくとより安全でしょう。分電盤でつながっているほかの部屋や設備がある場合、ブレーカーを落とすとそちらの電源も落ちてしまうのでそこは注意が必要です。ここまですれば、水道代やガス代に悪影響が出たり、有毒なガスが溜まったりするリスクが大幅に減らせます。そのうえで賃貸マンションなどは管理会社に、自宅であればスピーディーに対応できる専門業者に点検を依頼してください。

かごしま水道職人は鹿児島市、霧島市、鹿屋市、薩摩川内市、姶良市、出水市、日置市など鹿児島県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。給湯器の水漏れはもちろん、バス・トイレや洗面所、キッチンの排水つまりや水漏れなどのトラブルにもスピーディーに対処しますので、お困りの際にはお気軽にかごしま水道職人にお問い合わせください。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315