【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 給湯器から水漏れが起こった際の対処法

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器から水漏れが起こった際の対処法

2021年09月09日 給湯器の水漏れ


水回りはトラブルが付き物です。水漏れや給水管・排水管の詰まりなどさまざまなものがあります。その中でも、給湯管からの水漏れは最も厄介なトラブルの1つです。今回は給湯器から水漏れが起こった際の対処法をご紹介します。

給湯器の水漏れの厄介なところ

水回りのトラブルで代表的なものに水漏れがあります。通常の給水管・排水管からの水漏れと異なり給湯器からの水漏れは、厄介で一歩間違えると命の危険さえあるのです。それでは給湯器からの水漏れがなぜ厄介なのかをご説明します。

・漏電による感電の危険性
給水管・排水管の水漏れと異なり給湯器からの水漏れは、感電のリスクがあります。給湯器には、水を温めるための設備があり電力を使用しています。水は電気をよく流すため、漏電が起こり誤って触れてしまうと、感電してしまうリスクがあるので注意しましょう。

・一酸化炭素中毒の危険性
一酸化炭素は可燃性ガスの不完全燃焼によって発生します。一酸化炭素は血中のヘモグロビンと結びつき、酸素が身体に供給できなくなります。そのため一酸化炭素は人体で有害です。さらに一酸化炭素の厄介なところは、人体に有害にもかかわらず無色・無臭であるため、発生していても気が付きにくいことです。給湯器内で水漏れが発生すると、内部のバーナーに水がかかり、可燃性ガスが不完全燃焼して一酸化炭素が発生しています。

・建物の劣化
建物の劣化は、給湯器以外の水漏れでも起こる場合があります。水漏れが起こると、家屋の木材を劣化させ、カビを発生させます。カビが発生すると、ダニなどの二次被害が拡大してしまうのです。また、集合住宅であれば階下の部屋にも水漏れが起こる可能性があるので、早めの対応が必要になります。このように給湯器からの水漏れは、健康を脅かす可能性があり、最悪の場合は命に関わります。水漏れの存在に気が付いたらすぐに対処して、水漏れを解消しましょう。

給湯器からの水漏れの原因

給湯器からの水漏れは、いくつかの原因があります。原因を把握することで対処法や業者に依頼する場合の費用がわかります。

・経年劣化による水漏れ
どんなものであっても長年使用することで経年劣化が起こります。給湯器の中でも、経年劣化が起こりやすいのが、ゴム製のパッキンです。ゴム製ですので10年程度経つと、ゴムにヒビが入り硬化してしまい、水漏れの原因になります。

パッキンだけの交換も可能ですが、他の部品も経年劣化が進んでいる可能性が高いので、給湯器ごと交換してしまうのが無難です。また、給湯器の部品は発売から10年程度で製造中止になるので、そもそも交換による修理ができないことが多いです。

・給水管の凍結による水漏れ
寒い地域の方であればイメージしやすいですが、給水管内部の水が冷たい外気にさらされ凍結すると水漏れが発生します。給水管内部の水が凍結すると体積が増えて、給水管を破裂させます。氷が溶けたあとに、給水管の破裂した箇所から水漏れが起こります。寒い地域であれば、凍結防止の設備がありますが、設備がない地域で発生しやすいです。

・長期間使用しなかった場合
給湯器は長時間使用しないと、内部に存在する水抜き栓から水が漏れてしますことがあります。旅行や出張などで長い間、家をあけていたあとに、水漏れが発生した際は水抜き水栓が原因の可能性が高いです。ただし、冬場の帰省などのあとに水漏れが発生した場合は、給水管内部の水の凍結が原因の給水管の破裂が原因の場合があります。

しかし、水抜き栓からの水漏れの場合は簡単に解決可能です。この原因の場合はお湯をしばらく出し続けると水抜き栓から水が排出されます。これで水漏れが解消されればそのまま使用し続けても問題ありません。

給湯器内を確認するときに注意すること

水漏れの箇所や原因を確認する際に注意すべき点をご紹介します。先述したように、給湯器の水漏れによる事故は命にかかわるので必ず守ってください。

・給湯器を必ず止めてから確認する。
水漏れ箇所を確認する際に給湯器の内部を見ますが、給湯器を止めてからでないと漏電している場合に感電してしまいます。給湯器のコンセントを抜いておきましょう。

・水漏れ箇所を確認する。
漏れた水をたどって水漏れ箇所を確認しましょう。水抜き水栓からの水漏れの場合は先述したように、お湯を出して対応してください。配管の接続部や給湯器の本体から水が漏れている場合は、給水元栓(給湯器に水を供給する元栓)を閉じて給水を止めてください。

給湯器の水漏れの原因が判明したら

水漏れ箇所が判明して、自力で解決できる原因でなかった場合は、水道業者に依頼して修理を行いましょう。先述しましたが、給湯器の故障は、本体ごと交換するか部品だけの交換かの判断は素人では難しいです。水道業者であれば、部品の手配から修理、アフターケアまでしっかりと行ってくれるので安心して依頼しましょう。

給湯器の水漏れが起こったらかごしま水道職人にご連絡ください

かごしま水道業者は鹿児島市や鹿屋市、霧島市、指宿市、曽於市、南九州市など鹿児島を中心に営業している水道業者です。給湯器の水漏れが発生したらかごしま水道業者にご連絡ください。経験豊富なプロのスタッフがお伺いし、水回りのトラブルを解決いたします。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315