【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » お風呂の掃除をさぼったらピンクのヌメリが!これってカビ?

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の掃除をさぼったらピンクのヌメリが!これってカビ?

2021年05月16日 浴室のトラブル


お風呂場で発生するピンクのヌメリ、カビのようにも見えますが、実はカビではありません。
しかし、発生する条件はカビと同じ。放っておくとそのうちカビも繁殖してしまいます。
そうならないうちに、まめに掃除をしてきれいな状態を保ちましょう。

ピンクのヌメリの正体は

カビと同じに思われている方も多いのですが、ピンクのヌメリは酵母菌の一種でロドトルラという菌です。
人体への影響はあまりないようですが、カビと同じ発生原因で、カビよりも早く繁殖します。

そのため、そのまま放置しているとあっというまにカビが繁殖してしまいます。
悪いことに、カビは、このロドトルラを栄養として繁殖するのです。

ですから、ピンクのヌメリはカビの合図となっているので、早めに除菌してきれいにしてしまいましょう。
ロドトルラは洗剤には強いのですが、アルコールや除菌効果のある洗剤、また、漂白剤などを使用してきれいに洗って除菌しておきましょう。

お風呂は、家の中で最も湿度の高くなる場所で、カビやピンクのヌメリが発生しやすい場所でもあるため、除去してもきちんと日々の対応を行わなければ、再び発生してしまいます。
コツとしては、掃除した後にしっかりと水気を拭き取り乾燥させること。これが一番です。

きちんと掃除をして乾燥させるようにしておけばカビはもちろん、ピンクのヌメリも発生しないのです。
もちろん、入浴後にお風呂の水を抜いた後は、しっかりと乾燥させることも大切です。


掃除用グッズを有効活用しよう

お風呂の汚れは、シャンプーや石鹸のカス、また、皮脂汚れや抜け落ちた髪の毛など、いろいろな汚れがあります。
きちんと掃除をしなければ、浴室の中で雑菌の栄養となってしまいます。
お風呂用の洗剤を使用して浴室内をスポンジできれいにしていくのですが、屈んでの作業となるので、腰にもかなりの負担がかかります。

浴槽用スポンジやバスブラシで柄の長いものがついたものを使用すれば、それほど腰に負担を掛けずに掃除ができます。
細かな部分は柄のないものや、柄の短いものでしっかりと掃除をしましょう。

カビも根を張ってしまうとなかなか簡単には落とせなくなるので、カビが発生してしまう前にまめに掃除をすることが大切です。
毎日きちんと掃除をしていれば、水漏れや排水口の詰まりなども早めに気がつくことができ、対処も簡単になるのです。


排水口の掃除は重曹とクエン酸で

排水口の掃除では、市販のパイプクリーナーも有効ですが、重曹とクエン酸を使用することでしっかりときれいにすることができます。
特にお風呂の皮脂汚れは酸性の汚れなので、アルカリ性の重曹が有効になります。重曹は料理にも使用されるように、安全性も高いです。

また、水垢や石鹸カスはアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸がとても効果的なのです。
どちらも100円ショップで購入することができるので、洗剤を購入するよりもかなり安く済ませることができます。

排水口の掃除では、まず排水口の部品を外し、溜まっているごみを取り除きます。
重曹を100グラムほど排水口に振りかけ、その半分の量になる50グラムのクエン酸を振りかけます。そこに200ccほどのぬるま湯を掛けると、泡が発生します。5分くらい放置しておくと、内部の汚れが浮き上がってきます。

外した部品は重曹を振りかけてスポンジでこすり洗いをしましょう。
網目状やスリットになっている部品に関しては、バスブラシでも構いませんが、使い古した歯ブラシが便利です。
捨てずに掃除用に取っておけば便利に使うことができます。
最後に、外した部品を組み立てれば、排水口の掃除は完了です。

重曹は浴室の壁や天井の掃除にも有効です。
しかし、重曹は細かい粉末なので、天井や壁に使用するのは大変です。
そこで、重曹と水の割合が3対1くらいの比率でペーストを作ります。
これなら天井や壁に塗っても垂れてくることはありません。

スポンジで重曹ペーストを塗り付けたら、20~30分ほど放置して、汚れが浮いてきたところで、スポンジで軽くこすれば汚れはきれいに取ることができます。
あとはシャワーできれいに流してしまいましょう。
最後に水気を拭き取って乾燥させれば完了です。


お風呂の水漏れや詰まりを見つけたら

風呂場を始め、水回りの場所では長く使用していると、どうしても水漏れや詰まりといったトラブルが起きることもあります。
水漏れは基本的には、パッキンなどの部品の劣化や接合部のゆるみが原因で起こります。
パッキンは交換、ゆるみは増し締めで対処することができますが、部品が壊れていたり、浴槽にひびが入っていたりする場合は、交換や補修が必要となります。

また、詰まりに関しては、排水トラップに汚れが溜まっていることがほとんどなので、この場合は、排水口の分解・清掃で対処が可能です。
排水トラップより先の排水管で詰まっている場合は、高圧洗浄機や専用のノズルといった普段は使うことのない特別な道具が必要になるので、業者に依頼するのがおすすめです。
費用も自分で道具を揃えて行うよりも安く済む場合がほとんどです。


水回りの困ったトラブルはプロに相談

お風呂など、水回りのトラブルは自分で対処できるものもあればそうでないものもあります。
自分では難しい場合は、迷わず業者に相談してください。

かごしま水道職人は、出水市、薩摩川内市、霧島市、日置市、奄美市など鹿児島県全域で水回りのトラブルを解決しています。
24時間受付可能で、年中無休で対応しますので、鹿児島県での水回りのトラブルはかごしま水道職人にご依頼ください。


鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315