【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » 軽度のつまりなら直すのは簡単!知っておきたいトイレの豆知識

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

軽度のつまりなら直すのは簡単!知っておきたいトイレの豆知識

2021年08月25日 トイレの直し方


見かけほど深刻ではないトイレのつまり

トイレがつまると水を流せず、用を足せなくなるので、どうしても焦ってしまいがちです。しかし一口にトイレのつまりといってもさまざまな状況があり、なかにはそれほど深刻ではないものがあります。それなら直すのは比較的簡単であり、適切な対処法を押さえれば簡単に解決できるので、こちらでご紹介するトラブルの内容や解決法についてぜひご確認ください。

あまり深刻ではないトイレのつまりとは?

原因が排水路の比較的浅い位置にあり、しかも流れを完全には止めていないものは、軽度のつまりです。一見すると奥まで流れたようで、実は原因が便器のなかに留まっています。奥のほうの経路を塞ぐほど解決に手間がかかり、一般的には深刻なトラブルとして扱われます。あくまで便器のなかの問題であり、しかも完全には流れを止めていなければ、まだそこまで深刻な状況ではありません。

・つまりの深刻度の判断方法とは
問題が起きている場所は外から見えないものの、どこかを完全につまらせているかどうかは、便器内の水位を見ればわかります。どこかが完全に塞がると流した水は溜まる一方であり、水位がまったく下がらず、一定以上の水を入れると便器の外へあふれます。排泄物を流す場所の水ですから、衛生面がかなり気になりやすいでしょう。

軽度なつまりでも短時間に何度も水を流すとあふれる可能性はあるものの、多少は排水できるので、溜まり方は比較的緩やかです。また、そのまま水を流さずに放置していると、次第に通常の水位へ戻っていきます。この状態なら完全にはつまっておらず、トラブルの程度はまだ軽いほうです。排水経路を完全にふさぐ異物などを流していなければ、軽度の可能性はより高まります。

・気を付けたいつまりの原因について
毎日のように使用するトイレットペーパーは、実は軽いつまりを引き起こすことが珍しくありません。用を足す際に使用する専用品であり、水に溶けるので本来は問題なく流れるのですが、一度に多量を流すのはよくありません。

水のなかに落としてもしばらくは原形を多少留めており、量が多ければ細い便器の奥を通過できず、その場で動かなくなるのです。ただ、やはり固形物ではないので、多少は水が流れます。そのため軽いつまりで済むことが多く、解決は比較的容易ですが、そもそも問題が起きないように一度の使用量にはご注意ください。

そのほか、広く市販されている、使用後にそのまま流して捨てられるお掃除シートもまた、実はつまりの原因の一つです。商品に謳われている通り、普通の紙とは違って便器内に流してよいものの、先ほどと同じく量には注意が必要であり、大量に流すとつまります。パッケージの説明書きによくあるように、流すときは1枚ずつにするのが基本です。このようにトイレに本来流してよいものでもつまることはあるので、十分にご注意ください。

まだ深刻でないトイレのつまり!解決する方法は?

少しは水が流れているとはいえ、便器のなかにつまりがあるなら、普段通りにお手洗いを使うのは困難です。それを取り除くには、下記のいくつかの方法があります。

・スッポンを使う
水のなかに力を加えるのは通常難しいところ、空気をうまく操作して流れを生み出せばそれも十分に可能です。便器のつまりを解決する道具としてお馴染みのスッポンはそのためのものであり、水の入った便器の奥にあるものを手前へと引き戻します。流したときとは逆の力を加える方法であり、つまったものを取り出したり、一度引き戻した紙の塊を細切れにして流し直したりできます。

・手で直接取り除く
便器内の浅い位置でつまっているなら、たとえ上からは見えなくとも手を伸ばせば触れられるので、直接取り除くことも可能です。衛生上の理由でもちろん素手で行うことではなく、ゴム手袋など素肌に水や排泄物が触れないように準備してから実行します。

・紙を溶かす
つまりの原因が水に溶ける紙なら、溶解を促せばまもなく自然に消えて流れます。ぬるま湯を流すほか、専用の薬剤を用いることでも、通常よりも早く紙を溶かせます。

軽度なトイレのつまりなら業者の手でスムーズに解決可能

トイレのつまりを日頃から解決して回っている業者に依頼すると、軽いものなら簡単に解決可能です。たとえば業者ならスッポンの扱いに慣れており、奥につまっているものを簡単に引き戻せます。さらに専用の薬剤を用い、つまっている紙を素早く溶かすことも可能であり、便器に直接触れることなくトラブルを解決できるケースもあります。設備を分解するなどの手間がなく、早ければ1時間以内に作業が終わり、料金もお手頃です。

ご自身で対処するとどうしても手間がかかりやすく、お手洗いが使用可能になるまで時間を要しますが、業者に依頼すればその心配もありません。紙を流しすぎたなど、流れが悪くなったら気軽に業者までご相談ください。

トイレのつまりの解消ならかごしま水道職人

かごしま水道職人は、鹿児島県密着の水道業者として、鹿児島市、鹿屋市、出水市、薩摩川内市、いちき串木野市、薩摩郡など県内の多数の地域で活動中です。お風呂や台所など水回りを広くカバーし、トイレのつまりなどにももちろん対応しております。鹿児島県のどの地域からでもご依頼いただけるので、お気軽にご相談ください。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315