【水道局指定工事店】鹿児島のトイレつまり・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » タンクレストイレの水漏れを自分で修理する方法

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

タンクレストイレの水漏れを自分で修理する方法

2021年09月08日 トイレの直し方


見た目が良い、手入れが楽、水を連続して流せるなどのメリットのあるタンクレストイレですが、故障すると水漏れをおこすことがあります。水漏れがおきると床が水浸しになってしまって大変なので、早急に対処する必要があります。水漏れ発生時はどのように対処するといいのか困っていませんか。今回は、タンクレストイレが水漏れをおこす原因や、修理、交換をする方法などを紹介します。

タンクレストイレが水漏れをおこす原因

タンクレストイレが水漏れをおこす原因はさまざまです。よくあるケースを紹介しますので、思い当たる原因を確認してみましょう。

・老朽化
使用年数が長くなってくると老朽化が原因で水漏れをおこすことがあります。10年以上使っていると、何かしら不具合がおきてもおかしくはありません。15年や20年以上使っているような古いタンクレストイレであれば、修理が不可能な場合もあり、そのようなケースだと新しいものに交換する方向で考えたほうが良いでしょう。

・電子機器のトラブル
リモコンのトラブルで水が止まらなくなることがあります。電池を交換するか、電源を入れ直してみましょう。電子系統やリモコンのセンサーに異常がある場合は、メーカーに問い合わせるか業者に修理をしてもらう必要があります。構造が複雑で、修理には専門知識が必要ですし、下手をすれば感電の危険もあります。リモコンなどの電子機器の修理は自分ではおこなわないようにしましょう。

・部品の劣化
ウォシュレットや配管パイプの部品が劣化すると水漏れをおこすことがあります。パッキンを何年も交換していない場合は、新しいパッキンに交換してみましょう。

・配管トラブル
配管に問題があると水漏れをおこします。また、トイレを取り付けたばかりなのに水漏れがおきている場合も、設置がうまくできていないという可能性があります。自分で確認するのは難しいので、業者やトイレのメーカーに相談しなければなりません。

・便器の詰まり
トイレが詰まったとき、ひどい場合は水漏れをおこしてしまうことがあります。便器に流してはだめなものを流さなかったか思い出してみましょう。水に溶けない固形物を流してしまった場合は、業者に直してもらわなければなりません。

水漏れ発生時の対処方法

タンクレストイレが故障して水漏れしているときの対処方法を紹介します。

・止水栓をしめる
水が止まらないと水漏れ被害が広がってしまうので、止水栓をしめて水を一時的にストップさせましょう。修理をおこなうときも、終了するまで必ず止水栓をしめておいてください。止水栓はマイナスドライバーを時計回りに回すと閉まります。

・水漏れ程度を確認
少量の水が漏れている程度なら雑巾で拭き取るぐらいの対処で大丈夫ですが、トイレの床が水浸しになっているような場合は要注意です。止水栓をしめてもまだ水が漏れてくるか、床下の被害が広がっていないかどうかなど確認しておきましょう。

タンクレストイレの修理は自分でできる?

通常のトイレの水漏れなら、オーバーフロー管やボールタップ、部品の交換など自分で修理ができる部分もありますが、今回紹介しているタンクレストイレの場合は、電気系統で管理されているため、専門知識のあるプロが修理しないと感電リスクなどがあり危険です。

分解作業が必要な場合は特に素人では無謀なため、必ず業者やメーカーに修理を依頼しましょう。オール電化のタンクレストイレも、修理に専門知識が必要なので自力で修理しないように注意してください。

業者に頼んだ場合にかかる費用

自分で修理をするのが難しい場合は業者に依頼する必要がありますが、気になるのが金額だと思います。タンクレストイレが故障したときの修理でよくあるケース別で説明します。

・部品の交換
配管パイプやウォシュレットのパッキン交換費用は、15,000円程度が相場です。業者によって異なるため、見積もりでしっかり確認しておきましょう。

・便器ごとの交換
10何年も使っている場合は、便器ごとの交換になる可能性があります。金額は20万程度が相場で、機能がたくさん付いていればさらに高くなります。高額になってしまいますが、年季の入った便器は汚れもありますし、思い切って新しく快適なトイレに交換してみても良いかもしれません。

タンクレストイレの水漏れを予防するためには

タンクレストイレが水漏れすると修理が大変なので、水漏れがおきる前に普段から予防しておきましょう。

・つまりを防ぐ
トイレを詰まらせやすい人は、できるだけ詰まらせないようなトイレの使い方をするなど、普段から意識してトイレを使うようにすると良いでしょう。

・定期的に状態をチェックする
タンクレストイレはタンクの内部が確認できないので、小さなトラブルに気づきにくいです。定期的に状態を確認して、何かおかしいなと思ったときは早めに修理をしておくことで水漏れのような大掛かりな修理、交換にならずに済むでしょう。

かごしま水道職人は、鹿児島市をはじめ、霧島市、鹿屋市、薩摩川内市、伊佐市、薩摩郡、枕崎市など鹿児島県の全エリアで水回りのトラブルに対応している業者です。トイレの水漏れ、タンクレストイレの故障などでお困りのときは、かごしま水道職人までご連絡ください。

専門知識のあるスタッフがご自宅までスピーディーに駆け付けて対処します。水のトラブルに関することは何でも対応していますので、浴室やキッチン、洗面所の水漏れなどもお気軽にご相談ください。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315