【水道局指定工事店】鹿児島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » キッチンメーカーが提供するシステムキッチンとは?機能やタイプについて解説!

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンメーカーが提供するシステムキッチンとは?機能やタイプについて解説!

2022年03月31日 キッチンのメンテナンス

「システムキッチンを新しくしたい!でも、どんなのがいいんだろう?」と迷っていませんか?この記事では、システムキッチンの各種タイプや機能、天板の素材を紹介します。

システムキッチンとは?


システムキッチンとは、シンク、コンロ、調理台や収納などが切れ目なく一体化したキッチンを指していいます。

元は欧米の「ビルトインキッチン」がモデルで、日本の住宅事情や限られたスペースの中で使いやすいキッチンを目指して開発されました。

システムキッチンは、昭和40年代後半から50年代前半に登場し、その後一般家庭に普及していったといわれています。

システムキッチンと普通のキッチンの違いは?


システムキッチンと聞くと、とにかくたくさんの便利な機能を備えているイメージがあります。

では、普通のキッチンが同じような機能を備えていたら、違いはどこにあるのでしょうか。実は「天板がつながっているか、いないか」だけの違いです。

つまり、天板が1枚でつながっていれば、システムキッチンと呼べるのです。

システムキッチンのさまざまなタイプについて


システムキッチンと一口にいっても、さまざまなタイプがあります。

■I型システムキッチン
I型システムキッチンは、最も一般的なシステムキッチンです。

シンクやコンロが直線でつながっているため「I」型といわれています。ベーシックなだけに、デザイン性は今一歩物足りなく感じる人も多いかもしれません。しかしそのぶん、限られたスペースを生かした機能的なキッチンといえ、実用性を重視する人におすすめです。

■U型システムキッチン
U型システムキッチンはコの字型とも呼ばれる、周囲を囲むように作られたキッチンです。

ほとんど動かずに炊事をこなせる他、ダイニングに1面が面しているため、配膳や片付けもスムーズに行えるのがメリットです。反面、設置スペースを広く取ることと、比較的高額なところはデメリットになり得ます。

■L型システムキッチン
L型システムキッチンは建物の角を生かしたキッチンです。コンロ、シンクが直角になっています。

コンロとシンクを使うとき、少し身体をひねるだけで用事を済ませられるため、大変便利です。料理が好きだったり、自炊をしたりという人にぴったり。

設置スペースを広く確保できて、資金も充分にある場合、検討してみるとよいでしょう。

■ペニンシュラ型システムキッチン
ペニンシュラ型システムキッチンはアイランドキッチンの1面が壁に接しているものを指します。

同居している人とのコミュニケーションが取りやすく、賑やかなキッチンを演出できます。

また、油はねや水はねに強く、設置する場所にも融通が利きます。しかしながら煙やにおいが広がりやすく、収納スペースも限られるのが玉に瑕となります。

■アイランド型システムキッチン
完全に壁から離れて独立した、まさに「島」と呼べるのがアイランドキッチンです。

なんといっても開放感があり、作業スペースを広く確保できるのがメリットです。また、どこからでも人が入れるため、コミュニケーションが弾みます。

料理で人をもてなす機会が多いまたは、家族との団らんを楽しみたい人に人気。見た目も非常におしゃれです。

ただし、設置にはかなりのスペースが必要なことと、目線を遮るものがないこと、収納スペースがあまり取れないのが難点です。

ワークトップ部分の素材


天板もまた、キッチン全体の印象に関わる部分です。システムキッチンの場合、天板の素材がそのまま全体に及びます。

できれば、素材も合わせて考慮したいところです。

■ステンレス
ステンレスは熱や衝撃に強く、安価なこともあり広く使われている素材です。汚れも落ちやすく、錆にも強いため手入れが簡単なのも特徴といえます。

ただし、傷や調味料が付着するとそこから錆び付いてしまうため、注意が必要です。

■人工大理石
人工大理石は樹脂を用いて、大理石風に仕上げた素材です。カラーリングが豊富でデザイン性に優れているため、インテリア性にこだわったキッチンを実現できます。

しかしながら樹脂のため熱に弱く、調理器具を使うときには鍋敷きを使うといった対応が求められます。

システムキッチンの機能一例


各種メーカーからリリースされているシステムキッチンは、どれも個性が豊かで機能もオリジナリティがあります。安いものでは40万円ほどから購入できます。

■油汚れを浮かせる
汚れやすいキッチンを清潔に保てるよう、油汚れを浮かせてくれる機能です。
■シンクのゴミを流す
シンク内のゴミを流して、きれいに保ってくれます。

前者と合わせて2つの機能は、日本初のシステムキッチンを開発したメーカーのものです。上質なステンレスを使用しているのも特徴です。掃除に手間をかけずに清潔さを維持したい人におすすめできます。

■料理のしやすさを重視
家電メーカーから販売されているシステムキッチンは「料理のしやすさ」にこだわっています。

作業スペースを広く取っていたり、コンロを3つ横並びにしていたりします。キッチン家電の使いやすさを重視しているため、調理の手間が省けるでしょう。

■ホーロー素材
珍しいホーロー製のキッチンです。鉄の強さ、ガラスの美しさを併せ持つホーローは、熱や汚れに強いのがメリット。

また、マグネットも使えるため、アイデア次第で収納スペースを生活スタイルに合わせて作れます。ちょっとしたメモも貼れますし、万が一お子様が落書きをしても、簡単に落とせます。

■節水効果が期待できる
水回りにこだわったメーカーのキッチンは、水の中に空気を含ませ、ほうき状に噴射します。これで、従来と比べて35%の節水効果が期待できます。

■豊富なカラーバリエーション
上記メーカーはカラーバリエーションも豊富です。その数はなんと58色!華やかなキッチン、シックなキッチン、お好みの表情を演出できます。

■センサーで水が流れる
キッチン専門のメーカーから出ているシステムキッチンは、センサー式の水栓を搭載しています。他に、水を流すだけで排水口をきれいにしてくれます。実用的な機能を豊富に備えていて、使うほどに便利さを実感できるでしょう。

価格帯も幅広く、検討の余地は充分にあるといえます。

■スタイリッシュなデザイン
ミニマリズムをコンセプトに掲げ「シンプル・イズ・ベスト」を体現したシステムキッチンです。ヨーロッパのデザインを取り入れながら、日本の事情に合わせたキッチンはスタイリッシュな印象。

継ぎ目のないシンクは掃除がしやすく、美しさも兼ね備えています。

■数十年の使用に耐え得るキッチン
人工大理石のシステムキッチンを得意とするメーカーから出ているキッチンは、数十年の使用にも耐え得るほど長持ちします。日常的な手入れは、さっと水拭きするだけで済み、色の強い汚れを放置したときも中性洗剤で一拭きすればきれいになります。

このメーカーの扉カラーのバリエーションは実に100色以上。好きな色を自由に選べて、お気に入りの扉をきっと見つけられるでしょう。

■フルオーダーメイドのキッチン
30年以上の実績を持つ、国産オーダーメーカーのキッチンです。フルオーダーメイドのため、決して安価ではありません。

しかし、どんな要望でも実現できるのが最大の特徴です。「カフェ風のキッチンにしたい」「プロの厨房と同等のキッチンが欲しい」という希望も、叶えられます。

■集合住宅向けのシステムキッチン
作業台の高さを80~90cmまで1cm単位で変更できます。限られたスペースの中で使いやすいキッチンを求めているなら、こちらのメーカーがおすすめです。

まずはカタログやショールームで、実際のキッチンを見てみましょう。そこでイメージをつかみ、次にデザインや費用、住まいとの相性を考えてみてください。希望や要望をノートなどに書き出してみるのもよいですね。

まとめ


今回は、システムキッチンの種類や機能についてご紹介しました。
システムキッチンは進化を続け、今やさまざまなタイプが出ています。

理想のイメージに合わせてシステムキッチンを選び、導入してみてください。
きっと毎日の料理がより楽しいものとなるでしょう。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315