【水道局指定工事店】鹿児島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「かごしま水道職人」 » トイレの詰まりが起きたときに知っておきたいこと

鹿児島 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの詰まりが起きたときに知っておきたいこと

2021年07月13日 トイレのトラブル


トイレが使用不可に!緊急で直したいトラブル

レバーをひねれば勢いよく水が流れるため、さまざまなものを手軽に流せるように思われがちですが、実際にはトイレにはデリケートな一面があります。奥につながる管は決して広くはなく、中で引っ掛かってそれ以上動かなくなることも珍しくないのです。

一度そうなってしまうと、通常の水流では動かせず、奥には流れません。便器内のものが周囲に溢れかえるなどの事態も起こりえるため、焦らずに的確な対応を心掛けることが大切です。速やかに状況を改善し、また元通り使用できるよう、知っておきたいポイントをこちらでご紹介します。

なぜ詰まる?チェックしたいさまざまな原因

便器が詰まる主要な原因の一つが、異物を流すことです。その理由はさまざまですが、事故でこれが起こることも珍しくありません。たとえばレバーをひねった瞬間、手首にはめていたブレスレットが外れて落下してしまい、奥へと入り込むなどの事例があります。このようなアクセサリー類のほか、ペンやメガネ、腕時計などが不幸にも便器に落下する事故もよく起こっています。

そのほかにもスマホやケータイなど、用を足すときにも身に付けていることの多い身近な品を落とし、そのまま奥に入り込んで水流が止まる例は決して少なくありません。また、子どもがイタズラでおもちゃのボールなどを流すといった例もよくあります。小さな子どもは好奇心が強く、大人がまずしない行動をとることが多いため、柔らかいゴム製のボールを流したらどうなるのかと思い、本当に実行するなどの事故があるのです。

・これも異物!流さないように注意したいモノとは
一見すると問題なく流れそうでいて、実はお手洗いには同じく異物であり、詰まりを引き起こすモノがいくつかあります。特に気を付けたいのがペットの糞です。排泄物であることに間違いはなく、お手洗いを使用することに違和感がない方も多いでしょうが、実は動物の糞は水に溶けづらいことがあり、奥を詰まらせるのです。動物用のトイレの砂なども同様で、人間用のお手洗いには捨てられません。

また、紙おむつや生理用品などもお手洗いで処分したいところですが、実際に行うと奥で引っ掛かることが多いです。そのほか、カップ麺の残り汁など、生ゴミや残飯なども奥で引っ掛かり、流れを悪くします。どれも一見した限りでは問題なく感じるからこそ、よく確認してください。

・そのほか注意したい詰まりの原因
専用品であるトイレットペーパーも無関係ではありません。水に溶けるといっても即座に液体と同化するわけではなく、直後はまだある程度の原形を留めています。それゆえに量が多いとその他のモノと同じく管を詰まらせるため、大量には使用しないことが大切です。もし量が増えたときは一旦流すなど、何回かに分けてください。

このほか、節水の取り組みが問題の場合もあります。トイレは家庭内でも大量の水を使用するため、費用の節約のために量を絞っている方もおられるでしょう。それで確かに水道代は節約できますが、流す力は弱まります。本来なら問題なく流れていったものが流れきらず、奥に滞留して詰まることがあるのです。

トイレの詰まりは市販の道具で解決できる?

よく使用されるのが「ラバーカップ」です。職場や学校のお手洗いに備品としてよく常備されており、見覚えのある方が多いでしょう。ホームセンターなどで市販されているため、一般家庭でも十分に使用でき、効果的でもあります。特に専用の落とし紙の流し過ぎなど、異物が原因ではないなら、この道具での対処を検討してみると良いでしょう。

ただ、この方法で必ず解決できるわけではありません。場合によっては、異物をより強固に引っ掛けたり、問題の箇所に負荷をかけて設備を破損させたりと、逆効果にもなり得ます。事故などで身の回りのものが流れたときや、原因が不明であるとき、道具が手元にないときなど、専門業者への相談もぜひ検討してください。

個人では対処できないトイレの詰まり!専門業者なら解決できる

プロへ依頼すれば、便器の奥に詰まったものをうまく取り除けるため、また元のように使用できます。便器の詰まりは毎日のように起こることではないため、個人の方には一大事であり、対処に悩むところでしょう。しかし、専門業者は日常的に対応しているため、原因や対処法を的確に判断でき、スムーズに詰まりを解決できます。

また、ラバーカップでの対応を試みた際、圧力がかかって便器の一部にヒビが入るなど、その他の問題があれば、交換などの対処があわせて必要です。便器が詰まっているなどの目下の問題をはじめ、トラブルを総合的に解決し、お手洗いを使用可能にできますので、個人では対処できないと判断した際には気軽に相談されると良いでしょう。

お手洗いの詰まりで困ったら「かごしま水道職人」までご連絡ください

かごしま水道職人は水回りのプロとして、鹿児島市、薩摩川内市、鹿屋市、霧島市など鹿児島県全般で水回りの困りごとを解決しています。今回ご紹介したトイレではもちろんのこと、浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、そのほか水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にかごしま水道職人にご連絡ください。

鹿児島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「かごしま水道職人(鹿児島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315

かごしま水道職人(鹿児島水道職人) 0120-492-315